東村アキコさんといえば、
2017年からテレビドラマ化の決まっている

「東京タラレバ娘」の原作者である人気漫画家です!

 

そのほかにも

「海月姫」
「主に泣いてます」
「かくかくしかじか」

 

など、人気作品が多数あり、実写化やアニメ化が多数されています。
特にアラサー女子からの人気がやばいくらいに高く、
面白いと、称賛や共感の声があがっています。

 

そんな東村アキコさんですが、マンガを知っている人は多くても
本人のことについてはまだまだ知らない人が多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は東村アキコさんの情報を本名、年齢から
旦那や子供についての情報を画像などを交えて紹介していきます!

 

人気絶頂の東村さんのやばい年収についても検証していきます!

Sponsored Links

東村アキコの基本プロフィール

東村さんの本名や年齢についてまとめてみました!
画像を見るとテレビにタレントとして出演していても
おかしくないくらいの美人漫画家です!

higashi002

higashi001

 

ペンネーム:東村アキコ(ひがしむら あきこ)
本名:森 明子(もり あきこ)
生年月日:1975年10月15日
出身:宮崎県
学歴:宮崎県立宮崎西高等学校→金沢美術工芸大学美術科油絵専攻

 

年齢はアラフォーなんですね!

美術大学を出ている東村さんですが、
卒業したあとに、一度会社員として就職しているようです。

ただ働きながらマンガの執筆を並行して行い、
1999年に『フルーツこうもり』でデビューすることができました。

ちなみに美大生だったときのことが自伝エッセイとして、
「かくかくしかじか」というマンガで描かれています。

higashi007

しかもこの画像の「かくかくしかじか」は、

第8回マンガ大賞
第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞

を受賞しています!

 

このマンガを読め!2009 1位 『ママはテンパリスト』
このマンガがすごい!2006 オンナ編 8位 『きせかえユカちゃん』
第1回ananマンガ大賞 3位 『海月姫』
マンガ大賞2011 12位 『主に泣いてます』
第6回ananマンガ大賞 大賞『東京タラレバ娘』
このマンガがすごい!2015 オンナ編 2位 『東京タラレバ娘』

 

この受賞歴はあくまで一部です!
これだけの賞に選ばれるなんてやばいくらいすごい人です!

 

一作だけでなく、多数の作品が多数の賞を受賞しているので、
本当に実力がやばいマンガ家さんだということがわかりますね!
これからもきっとヒット作を何個も世に送り出すのでしょうね!

 

東村アキコの家族について!旦那や子供は?

東村さんは一度結婚するも離婚し、
現在は別の男性と再婚しています。

一度目の旦那さんは俳優などとして活躍するIKKANさん。
2人の間には男の子供が生まれています。

 

できちゃった婚だったらしく、結婚して子供が生まれても
別居しており、育児はほとんど1人で行ったそうです。

 

日曜日は必ず仕事を完全に休みにすることで
子供との時間を大切にしているとのこと。

こんなに美人でかっこいいお母さんなんて
お子さんがうらやましいですね!

お子さんの年齢が小さいときの画像がありました。

higashi005

新しい旦那さんはファッションデザイナーやスタイリスト
活躍している安藤悟史さんだそうです。

ちなみに、東村さんの弟もマンガ家として活躍しています。

森繁 拓真(もりしげ たくま)さんという方で、
本名は森拓真さんだそうです。
代表作は「となりの関くん」です。

マンガの帯に東村さんがコメントを書いたりしており仲が良いみたいですね!

 

東村アキコの気になる年収は

これだけの人気作を多数世に送り出している東村先生ですが、
やはり気になるのは年収ですよね!

 

マンガの年収といえば印税が多くの収入を占めていますが、
計算の方法はこちらです!

本の印税=本の定価×発行部数×印税率

一定率については、新人だと5%くらいで、
人気が出ると上がっていくこともあり、
10%くらいになるのだとか!

 

東村先生の作品のざっくりとした発行部数は

ママはテンパリスト:100万部
海月姫:330万部
東京タラレバ娘:180万部

といった感じになります。
これを足しただけでも610万部。

ほかにもかなりのマンガが出ていることから、
仮に700万部と勝手に仮定しましょう!

マンガの単価は約420円として、印税率は10%

つまり計算すると

420×700万×10%= 2億9千4百万!!

とんでもない金額が出てきました!

漫画家以外の活動などもかなりあるはずなので、
3億越えは間違いなさそうですね!!

 

まとめ

今回は漫画家の東村アキコ先生についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

本名や年齢から旦那や子供について画像を含めてふれてきましたが、
あまり知られていないだけに驚く部分も多かったのではないでしょうか!

特に年収についてはやばいなと思いました!

そんな東村先生ですが、これからもきっとヒット作を何本も作っていくと思うので、
これからもどんどん応援していきたいですね!