皇族のニュースといえば最近は天皇陛下の生前退位についてが持ち切りで今後の日本はどうなるのかということがとても不安になっていました。

ですがそんな中でもハッピーな話題として秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)がなんとご結婚なさるというニュースが入ってきました。

皇族の結婚ニュースといえばしばらく聞いていなかったので日本でもとても幸せな空気が流れますね。

お相手の情報などが気になるところでもありますが、もうひとつ気になるのは眞子さまの妊娠や出産についての情報です。

今のところそういったニュースはありませんが、事実はまだわかりません。

そこで今回は秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまの妊娠や出産の予定はどうなのか?またいつか生まれてくる子供は皇族なのか一般人なのかについての情報をまとめていきます。

Sponsored Links

眞子さまの結婚相手はどんな人

 

眞子様と言えば、赤ちゃんの頃からとてもかわいらしいと評判でしたよね。

大学はICUこと国際基督教大学へ進学して、その後も震災時にはボランティアを熱心にされたり卒業したあとはにイギリスのレスター学院に進学されるなど、その活動は常に注目されていました。

そんな眞子様がしばらく前から週刊誌でスクープされていた、大学の同級生と結婚というニュースはあらためてほっこりさせてくれます。

眞子さまの結婚相手と言われる人は、横浜市港北区の法律事務所職員の小室圭さんです。

眞子さまの結婚相手の小室圭さんは、国際基督教大学の同級生で、共通の友達を通して、5年前に知り合い、秋篠宮様公認で、交際をされていたと言います。眞子さまがイギリスに短期留学されていた時にも、会いにイギリスに行かれた事があるそうです。お付き合いを始めて、1年後にプロポーズされたと言う事です。

同級生と言うことで、年は25歳、神奈川県横浜市在住で、2010年に湘南江ノ島・海の王子に選出されているイケメンです。

現在は、法律事務所に勤務しながら、一橋大学の大学院に通っています。

結婚相手の小室圭さんが、17日に記者会見を行いました。まだ、時期早々なので、多くは語りませんでしたが、「パラリーガルとして、法律の事務に携わっております」と述べられました。将来は国際弁護士をめざしているのではないかと噂されています。

 

眞子さまの妊娠や出産の予定は

ご婚約という事で、気が早いのですが、妊娠や出産が気になってしまいます。

今の所、そのような情報は入ってきていません。まだ、真子様は25歳とお若いです。
ご婚約されてご結婚されれば、妊娠や出産など嬉しいニュースが飛び交うことになるでしょう。

このまま、お話が進めば、来年(2018年)結婚の予定だそうです。

一般人の方と結婚した場合、皇室を抜けて、一般人となります。

男性の皇族は、ご結婚されても皇族のままで立場は変わりませんが、女性の皇族が結婚する場合は、眞子さまが「皇室を抜けたい」とか「皇室に残りたい」とか選択はできません。眞子さまが小室圭さんと籍を入れたら、眞子さまは一般人になるのです。

 

皇族の女性が一般人と結婚するとどうなる?

皇族の方々は一般人とは違い戸籍がありません。また、皇族には「苗字」もありません。その代わりに皇統譜というものがあります。眞子さまが結婚した場合、皇統譜から離れて新たに戸籍が作成されます。

眞子さまが一般人になられるので、生まれてくる子供は皇族ではなく一般人という事になります。子供だけ皇族というのはありえません。

皇族の身分を離れると納税や国民年金、健康保険の支払いの義務があり、選挙権・被選挙権の権利も与えられるそうです。

皇族を離れる時に、相手の経済状況に関係なく、一時金が眞子様に対して与えられます。「元皇族としての品位が保てない様なことのない様に」と用意されるお金という事です。眞子さまに対して支払われる一時金は、1億3725万円と決まっているそうです。妹の佳子さまが結婚する時も同じ金額だそうです。

今までの女性後続は、旧皇族や旧華族、茶道家元などの旧家にほとんど嫁いでいます。17年に天皇、皇后両陛下の長女の(紀宮)清子さんが、東京都職員、黒田慶樹さんと結婚した時は、過去の例にこだわらないカップルとして話題になりました。

 

まとめ

今回は眞子さまの出産や妊娠についての情報を調べてみました。

皇族のご結婚の話となるとやはり国中に幸せな空気が流れていいですよね。

一般人となり、眞子さまは皇族から離れることになり、メディアの前に出てくることもほとんどなくなってくることでしょう。

ですがこれからも幸せな人生を歩んでもらいたいですね。

まだわからない部分も多いですが、こちらの情報は随時更新していきます。