金川顕教(かながわあきのり)といえば、ビジネスの起業家の中でもとくに注目を集めている人物ではないでしょうか。

 

偏差値35から猛勉強して、立命館大学に進学、さらには公認会計士の資格を取得するも、自由な人生を求めて起業を成功させた人物です。

 

著書には

『チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~』

『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』

があり、書店の店頭に平積みされるほどの人気を博しています。

 

そんな金川顕教さんですが、一体どんな人物なのかもっと知ってみたいという人も多いかと思います。

 

そこで今回は金川顕教さんの経歴や年齢、彼女の噂についての情報をまとめていくほか、書籍やセミナー、メルマガの評判についての情報を集めていきます。

 

中には詐欺という噂もあるので詳しく調べましたので要チェックです。

Sponsored Links

金川顕教とは?経歴や年齢彼女の噂も調査

kanagawa001

名前:金川顕教(かながわ あきのり)

所属:株式会社Social River代表取締役。

出身地:三重県生まれ

住まい:東京都港区

好きな言葉
チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ
失敗なんてない、成功するまでやり続けるから
何をするかより誰とするか
考えるより行動が先
有言実行
知覚動考

 

年齢は調べたのですが不明でした。
おそらく30前半くらいではないかと予想します。

彼女の噂についても検証しましたが、これだけ自由な時間とお金を手にしていて、コミュニケーション力も高いはずなので、彼女もしくは結婚していても不思議ではないですね。

 

また好きな言葉はポジティブなものが多いですね。さすが起業家です。

『チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ』

本当にその通りだと思います。

 

金川顕教の経歴は

続いて金川顕教さんの経歴についてまとめてみました。

 

金川顕教さんは、中学校の頃に両親の離婚をきっかけに、グレてしまいヤンキーになったそうです。

 

勉強は一切せずに偏差値は35だったそうです。

 

しかしこのままではいかんと奮起して、猛勉強を始めます。

 

2浪するも名門の立命館大学に入学、さらに大学在学中に三大国家試験のひとつである、公認会計士の試験に合格します。

 

大学卒業後には、世界一の会計事務所と言われている、デロイトトウシュトーマツに就職しました。

 

努力して成果を手に入れた金川顕教さんですが、会計士として働き始めて3年後に『もっと自己成長して、自由になりたい』と考え始めたそうです。

 

それから会計士として働きながら副業を始めたところ、会計士の給料の10倍もの金額を稼ぎ出すことができたそうです。

 

4か月後には退社し独立起業します。

 

現在では事務所や従業員はなしの『1人会社』でありながら3年間で2億6000万もの売り上げを達成しています。

 

金川顕教さんの人生は波乱万丈で両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、など過酷な一面も多かったようです。

 

しかしその辛さに言い訳をせずに乗り越えて現在の成果を出しているなんて本当に尊敬です。

 

現在は起業家の育成やコミュニティの運営に力を入れているとのことです。

 

また現在は年商5億円程度を見込んでいるそうです。

 

従業員やオフィスなしで年商5億なので、正直年収として、手元に残る金額はそうとうなものだと思います。

 

年収1億を超えてるのはまず間違いないですが、半分の2億5000万くらいの年収を得ている可能性もあります。

 

金川顕教の評判は?詐欺の噂って本当?

続いて金川顕教さんの評判についてまとめていきます。

 

金川顕教さんについての評判を調べてみたところ、インターネット上には詐欺だ!勧誘だ!怪しい!などの意見がかなり多くありました。

 

たとえば、金川顕教さんの著書『チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~』についての意見は以下のようなものでした。

 

この方の門下生?みたいな方に外注の仕事があるからやりたい人は連絡くださいと言われたので応募すると、ビジネスの高額のものをすすめられてすごく胡散臭かったです。

なにかを変えたくて本屋三軒はしごして買ったのに、ただの副業のススメでした。残念。

 

youtube動画で全部聞ける内容です。
ってか動画のほうがこの人の良さが伝わってくると思う。
熱狂的な金川顕教ファンの人は買ってもいいかも。

 

お金が稼ぎたいと思うのは誰でも。更に高い授業料を払えばなおさら。ただこーゆーので稼いでいる人はそのうちの界隈でしか名前を聞かず、普通に行きていれば名前を聞くことはない。ネットを見ると中傷が多いのは有名人には常。ただ中傷が多すぎない?と言うのが正直な意見。お金を稼いで有名になってすごいとは思うけどその中傷を見て悲しむのは本人もそうだけど、作者の両親では?批判が多いと言うのは世の中の答えだと思う。あと、やってることがなんかはっきり見えてこない。ちなみに本の感想は、ここ最近どこかで読んだことのあるような、今時の僕、成功しました!って人が書いた本

 

起業して成功してカリスマ的な状態になっているだけに、批判的な意見がどんどん増えていくものですよね。有名税なんて言葉もあります。

 

ただ金川顕教さんはメディアに自身のプロフィールや顔を出しているので、それだけの評価や実績があるからだと思います。

 

本当に怪しいことばかりをしていたらそもそも、これだけの人気や書籍の出版はできませんので。

 

同じく、『チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~』に対する良い意見はこちら

圧倒的行動量が大きな要因だと再認識しました。この本を読んで、
どんな分野でも「そこまでやるの?」と思わせるくらいの行動量がないと、
回りとの差は出ないと感じました。まとめると、正しい方法で、圧倒的に
行動すればどんな分野でも大体は成功するという内容でした。
私も無駄なことは省き、やるべきことに注力します。
著者のやや長めの自己紹介も親近感がありよかったと思います。

 

こんな世界があるなんて。

やりたいことをやるためには、努力しかないと思ってきました。そのために、人より努力し、時間を費やしてきました。
そうやって手に入れた今の生活は自由を得たとも言いますが、反面理不尽なことも多く、ますます自分の時間がなくなり、正直やりたい仕事ができているのか?これが自分が実現したかつたことなのか?という疑問を抱えて過ごしています。

そこへ、この本を読み、こんな生活があることを初めて知りました。
金川さんは、お金も自由も手に入れて、充実した毎日を送っている。
正直、私には想像もつかない生活です。金川さんのオススメのやり方が自分もできるのか不安です。
ここが、できるかできないか、チェンジできるかの違いなのでしょうね。
私も思考と行動を変え、成功するために1歩進まねば、と思いました。

 

自分の現状を変えるために本書を手にとりました。
「頭のいいバカになれ」という言葉の意味の通り、人とは違う結果を出すために、常識にとらわれず、行動し続けることが大切だという著者の考えに大変共感しました。
また、物事に取り組む前に入念なリサーチをするであるとか、メンタルブロックを乗り越えるための考え方など大変参考になります。

自分も公認会計士を目指すことを考えたことがありましたが、結局勉強「し続ける」の辛さから逃げてしまいました。
在学中勉強をし続け、公認会計士に合格した著者の努力、継続力に尊敬の念を覚えました。

 

良い意見も悪い意見もその人が感じたことなので、どちらが正しいということはありません。

 

もし金川顕教さんについて興味があるのであればまずはご自身で著書を手にとってみるのもいいかもしれませんね。

 

最後に

今回は金川顕教さんについての評判や年齢、彼女の噂などについてまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

 

年齢や彼女については不明な点が多かったですが、情報が入りしだい更新していければと思います。

 

また評判についてはいい意見と悪い意見両方があり、人によって見え方が変わるというところですね。

 

金川顕教さんに興味を持ったらぜひ調べてみるといいのではないでしょうか。