2017年もJリーグが開幕して、続々といい結果を出すクラブチームと、最初からつまずいているクラブなどそれぞれ明暗がわかれています。

2017年は移籍市場がかなり盛り上がって、有名選手、ベテラン選手が別のチーム移籍したことにより、チームを1から作りなおすというクラブが多く、どこが優勝するのか全然読めないですね。

2017年は実力を持った選手たちが新チームでどれだけ活躍できるかが鍵となってくること間違いなしです。

 

また気になるのはその選手たちがどれくらいの年俸を貰っているかではないでしょうか。

野球と違い契約更改がニュースで流れることもないので余計に気になる人も多いはずです。

 

そこで今回はJ1でもつねにトップの成績を収め続けるJリーグ屈指のビッグクラブ、鹿島アントラーズの年俸ランキングを発表していきたいと思います。

小笠原や金崎などのトップ選手の年俸だけでなく、クラブに所属している選手全員の年俸の総額もチェックしていきたいとおもいます。

Sponsored Links

鹿島アントラーズ年俸ランキング2017発表

それでは鹿島アントラーズの年俸ランキングや年俸の総額についての情報をまとめていきます。

鹿島アントラーズといえば、まさに常勝軍団で唯一J2に落ちることなく戦い続けているクラブチームですので、トップ選手もそれだけ集まってきます。

そうなると年俸の総額もかなりの金額になることが予想されますね。

そんな鹿島アントラーズの年俸ランキング2017はこちらです。

 

第9位 山本脩斗 6000万円

生年月日:1985年6月1日(31歳)
出身地:岩手県盛岡市
身長:180cm
体重:69kg

 

第9位 レアンドロ 6000万円

生年月日:1993年5月12日 (23歳)
出身地:ブラジル ブラジリア連邦直轄区 ブラジリア
身長:175 cm
体重:76 kg

 

第9位 昌子源 6000万円

生年月日:1992年12月11日(24歳)
出身地:兵庫県神戸市
身長:182cm
体重:74kg

第6位 永木亮太 6000万円

生年月日:1988年6月4日(28歳)
出身地:神奈川県横浜市青葉区
身長:173cm
体重:72kg

 

第6位 西大伍 6000万円

生年月日:1987年8月28日(29歳)
出身地:北海道札幌市
身長:176cm
体重:73kg

 

第6位 遠藤康 6000万円

生年月日:1988年4月7日(28歳)
出身地:日本の旗 宮城県仙台市
身長:168cm
体重:69kg

 

第5位 金崎夢生 6000万円

生年月日:1989年2月16日(28歳)
出身地:三重県津市
身長:180cm
体重:70kg

 

第4位 クォン スンテ 7000万円

生年月日:1984年9月11日(32歳)
出身地:韓国
身長:184cm
体重:85kg

 

第4位 曽ヶ端準 7000万円

生年月日:1979年8月2日(37歳)
出身地:茨城県鹿嶋市
身長:187cm
体重:80kg

 

第3位 小笠原満男 8000万円

生年月日:1979年4月5日(37歳)
出身地:岩手県盛岡市
身長:173cm
体重:72kg

 

第1位 ペドロジュニオール 1億円

生年月日:1987年1月29日 (30歳)
生まれ:ブラジル パラー州 サンタナ・ド・アラグァイア
身長:182 cm
体重:75 kg

 

第1位 レオ シルバ 1億円

生年月日:1985年12月24日(31歳)
出身地:ブラジル
身長:181cm
体重:76kg

 

※この記事に記載の年俸はすべて推定になりますのでご了承ください。

 

鹿島アントラーズの全選手の総額年俸は9億9060万円となります!

さすがJリーグ屈指のビッグクラブだけあってかなりの年俸総額となっています。

2017年のゼロックス杯でも勝利をおさめ好調なスタートを切った鹿島アントラーズが、小笠原や金崎など強力な選手で優勝を狙います。

 

まとめ

今回は鹿島アントラーズの年俸ランキング2017ということで、鹿島の選手の年俸トップをランキング形式で発表してみましたがいかがでしたでしょうか。

鹿島は強力な日本人選手である、小笠原や金崎のほか、年俸は高くありませんが、植田や鈴木などもいるので安定した強さを発揮してくれそうです。

2017年の鹿島アントラーズも優勝候補間違いなしですので、今後の結果に注目です。