川崎フロンターレといえば、Jリーグの中でもいつもトップ争いに入る強豪チームです。

それなのになぜかいつも優勝をあと一歩のところで逃してしまうという、悲しいチームでもあります。

 

現役の日本代表や、元日本代表などいい選手が揃っているにも関わらず、この悔しい結果になっているのは、プレーしている選手はもちろんファンの人も納得いっていないことでしょう。

 

2017年はなんとしても優勝の座をつかみ取ってもらいたいものです。

そんな優勝を絶対に取りたい川崎フロンターレにはいったいどんな選手がいるのか非常に気になりますよね。

 

そこで今回は、川崎フロンターレをもっと好きになるために、イケメンランキング2017を発表したいと思います。

 

サッカーがそこまで好きではない女性も、イケメン選手を応援することをきっかけに、サッカーを強いては川崎フロンターレを好きになっていただければと思います。

Sponsored Links

川崎フロンターレのイケメンランキング2017を発表

それでは川崎フロンターレのイケメンランキングの2017年版を発表していきます。

 

定番のイケメン選手やかっこいい選手をはじめ、ベテラン勢もピックアップしていますので要チェックです。

あくまで個人的で非公式なランキングになりますのでご了承ください。

 

第5位 中村 憲剛(なかむら けんご) 選手

kengo

生年月日 1980年10月31日(36歳)
出身地 東京都小平市
身長 175cm
体重 66kg
ポジション MF(DH, OH)
背番号 14
利き足 右足

川崎フロンターレといえばこの人というくらいおなじみのベテラン選手ですね。

イケメンというよりは、雰囲気やたたずまい、プレーしている姿がかっこいい選手です。

現在36歳ですが、もう一度代表に呼ばれることが期待されています。

 

第4位 車屋 紳太郎(くるまや しんたろう) 選手

kurumaya

生年月日 1992年4月5日(24歳)
出身地 熊本県熊本市
身長 178cm
体重 70kg
ポジション DF
背番号 7
利き足 左足

センターバック、サイドバック問わずプレーできる選手です。

日本代表のバックアップに選出経験があるので、代表にも選ばれてほしいです。

2017年からは背番号が「7」に変更され、筑波大学時代に背負っていた番号になりました。

 

第3位 井川 祐輔(いがわ ゆうすけ) 選手

igawa

生年月日 1982年10月30日(34歳)
出身地 千葉県成田市
身長 182cm
体重 74kg
ポジション DF
背番号 4
利き足 右足

岡田ジャパン時代には日本代表にも選出した経験のあるイケメンかつベテラン選手です。

若手の台頭が目立つ川崎フロンターレの中でも着実に出場して2017も活躍してほしいです。

 

第2位 大島 僚太(おおしま りょうた) 選手

oosima

生年月日 1993年1月23日(24歳)
出身地 静岡県静岡市清水区
身長 168cm
体重 64kg
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足

リオオリンピックでの活躍が評価され、24歳の若さでA代表デビューも果たした将来有望な選手です。

高度なパスセンスを持っており、中村憲剛2世との呼び声も。

次世代の川崎フロンターレを引っ張っていく選手となることでしょう。

 

第1位 谷口 彰悟(たにぐち しょうご) 選手

tanigu

生年月日 1991年7月15日(25歳)
出身地 熊本県熊本市
身長 182cm
体重 72kg
ポジション MF
背番号 5
利き足 右足

Jリーグナンバーワンイケメンと呼ばれるほどのイケメンJリーガーです。

サッカーのプレーしている姿はもちろんのこと、プライベートの姿や性格までがイケメンというほどの完全無欠のイケメンです。

2017年も女性ファンをとりこにしてくれること間違いなしでしょう。

 

さいごに

今回は川崎フロンターレのイケメンランキング2017をまとめていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

イケメンJリーガーといえば、セレッソ大阪などを思い浮かべますが、川崎フロンターレもかっこいいJリーガーが揃っています。

 

Jリーグやサッカーがわからないという人もまずはイケメン選手のかっこいいプレーを応援して興味を持っていけるといいのではないでしょうか。

 

これからも随時イケメン選手がいたら更新していきますのでお楽しみに。

 

↓↓↓Jリーグのクラブチームごとのイケメンランキングはこちら↓↓↓

Jリーグ2017イケメン選手まとめ!チームごとの男前ランキングも