白岩優奈(しろいわゆうな)といえば、本田真凛、坂本花織などと同世代ということで、次世代を担うフィギュアスケート選手として、非常に期待度の高い選手です。

 

2016年の全日本フィギュア選手権でも、ジュニア推薦枠で大会に出場し、シニアの選手もいる中でどれだけの結果や評価を得ることができるのかがとても注目されています。

 

そこで今回は、そんな期待の白岩優奈選手について、もっともっと知るために、プロフィールや経歴などの基本的な情報についてまとめていきます。

 

さらに全日本フィギュアでの海外の反応や、ライバルである有名選手の本田真凛選手との比較などをしていきますので要チェックです。

Sponsored Links

白岩優奈のプロフィールや基本情報まとめ

siroiwa001

 

生年月日:2001年11月26日

出生地:京都府京都市

血液型:A型

身長:148 cm

所属クラブ:関西大学KFSC

 

白岩優奈さんは2001年生まれなので、2016年現在で15歳です。
この世代には今とても優秀で実力を持った選手が多いので、これからのフィギュア界はすべての大会で混戦になりそうです。

 

演技はアクセル以外の5種類のジャンプをすべて3回転で飛ぶことができます。

 

最近の若手スケーターでは5種類のジャンプ飛べる選手が非常に多くなっているのでこのすごさが薄れていますが、実際は相当レベルの高いことだと思います。

とくにすごいのは難度が非常に高い3回転サルコウ-3回転ループを成功させています。

 

白岩優奈の経歴を紹介

2014-15シーズンの全日本ノービス選手権(ノービスA)で4位に入賞。その後全日本ジュニアに出場を決めますが、ショートでよい得点をとれずにフリーに進むことはできませんでした。

 

2015年からは日本スケート連盟の強化選手に指定され、さらに実力に磨きをかけます。

その後、

JGPコロラドスプリングス
JGPログローニョ

に優勝しジュニアグランプリファイナル進出し知名度を上げます。ジュニア1年目でシリーズを2連勝する日本人選手は過去に安藤美姫や、浅田真央などがいますが、非常に難しく快挙といえます。

 

その後も常に順調にいくかと思いましたが、4月の初旬に左足の脛骨を骨折し、しばらく練習ができない時期がありました。

 

今は怪我も回復しているので、今回の全日本フィギュアで完全に復活していることを証明してほしいです!

 

全日本フィギュア選手権の評価や海外の反応

fig001

12月23日から3日間にわたって行われる全日本フィギュア選手権は、世界選手権へ出場するための切符を争う戦いです。

 

またシニアやジュニア関係なく参加するので、ぜひジュニアの枠を飛び越えて活躍してほしいですね。

 

注目選手で同世代である、ジュニア1位の本田真凛選手との比較などもしながら結果を調査していきます。

 

これをきっかけに、海外の反応なども変化していくと思うので要チェックです。

 

結果は大会が進行次第随時更新していきます。

 

まとめ

今回はこれからのフィギュアスケート界を担う選手の1人、白岩優奈選手についてプロフィールや経歴についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

本田真凛選手や坂本花織選手などと同様に15歳と非常に若いので今後の成長がさらに期待されます。

優秀な選手が多いだけに比較などもされてプレッシャーなどもありそうですが、これから始まる全日本フィギュア選手権でも最高の結果を見せてもらいたいです。

 

これからも白岩優奈選手を応援していきます!