佐藤洸彬(さとうひろあき)選手とは2016年の全日本フィギュア選手権に東日本1位の枠で出場し、好成績を収めることが期待されているフィギュアスケート選手です。

 

ジュニアのときから活躍していて、日本スケート連盟から新人賞を受賞した経験もあり、たしかな実力と成長を感じさせる選手です。
そんな佐藤洸彬選手ですが、そうはいっても羽生結弦選手や宇野昌磨選手などと比べるとそこまで知名度は高くありません。

 

そこで今回は佐藤洸彬選手について、プロフィールなどの基本的な情報をまとめていきます。

 

さらに全日本フィギュアでの得点や評価、海外の反応についても検証していこうと思っていますので、そのあたりもチェックしてみてください。

 

佐藤洸彬とは?プロフィールを紹介!

sato001

 

名前:佐藤洸彬(さとうひろあき)

生年月日:1995年12月6日

出身地:岩手県盛岡市

身長:165 cm

コーチ:佐々木正徳

所属:岩手大学

 

1995年で2016年現在21歳です。

フィギュアは非常にわかい選手が台頭していて、10代でもバリバリ活躍するので、21歳でも中堅くらいのイメージですね。

 

岩手県の盛岡出身で、盛岡市立城西中学校、盛岡中央高等学校、岩手大学教育学部といことでずっと岩手県内を拠点に活動しています。

雪国とはいえ、岩手出身の現役フィギュアスケート選手はあまりいないように思えます。

 

教育学部ということなので、もしかしたら先生やフィギュアの指導者としての道もありそうですね。

 

佐藤洸彬の経歴を紹介!

岩手生まれの佐藤洸彬さんは、スケートを初めてやったのは5歳のときだそうです。

 

2008年のシーズンでは全日本ジュニア選手権に初出場し、そのときは27位でしたが、その後毎年出場し、27位→10位→13位→11位と当初より確実に実力をつけたことがわかります。

 

2014年のシーズンからはジュニアグランプリシリーズに挑戦し、JGPクールシュヴェルで8位でした。

 

また初めての参加となった全日本選手権では10位にランクインし、日本スケート連盟から新人賞を受賞することとなりました。

 

まだ大きく目立った成績というのは残してはいませんが、まだ21歳なのでこれから大きく成長することも期待されます。

 

佐藤洸彬の全日本フィギュアの評価や得点、海外の反応は

fig001

全日本フィギュア選手権がまもなく開催されますが、東日本1位の枠で出場する佐藤洸彬選手がどれだけ上位に食い込むのか期待がかかります。

 

年末最後の大会で、フィギュア界だけでなく、一般のお客さんからも注目度の高い大会なだけに、ここで飛躍した評価を得ることができれば海外の反応も大きくなるのではないでしょうか。

 

得点や結果は大会が開催されたら随時更新していきます。

 

ショートプログラムの得点は72.01です!フリーの演技に期待ですね!

 

まとめ

今回はこれからの成長が期待されるフィギュアスケート選手佐藤洸彬についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

今年の全日本フィギュアではぜひ活躍していただき、岩手から世界へ羽ばたいていってほしいです。

 

これからも佐藤洸彬選手を応援していきます!

 

2016全日本フィギュア男子の記事