鹿島アントラーズの昌子源といえば、2016年のFIFAクラブワールドカップでセンターバックとしてクリスティアーノ・ロナウドをディフェンスで抑え大活躍した鹿島や日本を代表する名プレーヤーです。

 

突出した結果や華やかな道を進んでいるわけではない、選手ですが、努力によって鹿島アントラーズで現在の地位をつかみ、日本代表にも召集されるようになりました。

 

これからも日本代表として日の丸を背負って戦う成長が期待される選手でしょう!

 

そんな昌子源選手ですが、一体どんな選手なのかをまだまだ知らない人も多いと思います。

 

そこで今回は昌子源選手のプレイヤーとしてのプロフィールや経歴、基本情報をまとめていきます。

 

鹿島アントラーズや日本代表、そして海外の反応はどうでしょうか?クラブワールドカップでの海外の反応は大きく変わったと思うのでそのあたりもまとめていきます!

Sponsored Links

昌子源の経歴など基本情報を紹介

syoji002

生年月日:1992年12月11日
出身地:兵庫県神戸市
身長:182cm
体重: 74kg
所属チーム:鹿島アントラーズ
ポジション:ディフェンダー(センターバック)
背番号:3
利き足:右足

 

2016年現在で24歳と若くこれからの活躍が大きく期待されています!
今後は海外の反応も高まり、海外クラブからもオファーが届くこともあるのではないでしょうか!

 

日本代表のセンターバックも吉田麻也を含めてもまだまだ絶対的と呼べるプレイヤーはいません。
日本代表のセンターバックといえば昌子源と呼ばれるほどの活躍をしてほしいです!

 

昌子源の経歴はこちら

兵庫県神戸市で生まれ、小学校時代には、地元のフレスカ神戸というクラブチームに入団します。

 

当初はディフェンダーではなく、フォワードとしてプレイをしていました!

 

中学時代にはガンバ大阪ユースに入り、宇佐美貴史などと同じピッチに立っていたそうですが、ケガの影響で満足にプレーできず退団しています。

 

高校ではサッカーを辞めることを決めていた昌子ですが、米子北高校の練習参加をきっかけにサッカー人生を再スタートしました。

 

鹿島アントラーズに入団してからは、2014年に全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞を取得しています!

日本代表デビューは2014年になります!現在も召集がかかるなど、ハリルホジッチ監督にも期待されているのでしょう!

 

昌子源が使用しているスパイクは

2016年の宮崎キャンプ当時に使用していたスパイクはこちら

syoji001

『NIKE ティエンポ レジェンド 6 FG』

ブエノ選手、青木剛選手、三竿健斗選手、平戸太貴選手、田中稔也選手、土居聖真選手など鹿島では『ナイキ ティエンポ レジェンド 6』のスパイクを着用している方が他にも複数人います!

 

昌子源のクラブワールドカップの海外の反応は

こちらの情報は試合後の評価を随時まとめていきます!

レアルマドリードとの決勝の試合でクリスティアーノ・ロナウドを何度も止めたことで、海外の反応もかなり高くなったこと間違いなしですね!

 

クリスティアーノ・ロナウド選手自身や、監督のジダンも鹿島アントラーズの選手の数人は間違いなくエスパニョーラでも通用すると高い評価を与えています!

の中に昌子源が入っていることは確定でしょう!

 

海外クラブからもかなりの注目を集めてオファーが来ることもあるかもしれません!

海外の反応を一部紹介

鹿島アントラーズのクオリティーに好印象を受けているよ
あとゴールキーパーは超人だった、センターバックの昌子源も
他の守備陣もすごく良かったけど、特に昌子が圧巻だった
すごいと思った守備が全部昌子だった
昌子がとにかく凄すぎたわ
レアル戦が楽しみだ

昌子源すごい
今日の活躍を続けてくれたら欧州でもやれる
みんな素晴らしかったけど、とにかく昌子が素晴らしかった!

 

まとめ

今回は昌子源のクラブワールドカップでの海外の反応や、経歴、使用スパイクについての記事を書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

昌子選手は今後、日本代表でもセンターバックとして間違いなくいいプレーをし続けてくれることでしょう。

 

使用しているスパイクも今以上に流行しそうですよね!

 

クラブワールドカップが終了して海外の反応がどうなっていくのかが非常に楽しみです。ヨーロッパのクラブからオファーが来ることもあるのではないでしょうか!

 

これからも昌子源選手の活躍から一瞬たりとも目が離せませんね!