最近はバスケットボールも統一リーグBリーグが開催され、今まで以上にバスケ人気が高まっています。

バスケの試合は点がどんどん入ったり、圧巻のプレーがありルールがイマイチわからなくてもとても楽しめます。

ただ女子の楽しみのひとつといえば人気のイケメン男前選手を応援することもあるのではないでしょうか。

好きな選手がいるとそれだけでそのチームを応援したくなりますよね。

そこで今回はバスケBリーグのイケメンランキング2017をまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

Bリーグイケメンランキング2017!

 

それではさっそく2017年版のバスケBリーグのイケメン選手をランキング形式で発表していきたいと思います。

ちなみにこちらのランキングは筆者の個人的な感想からのイケメンランキングとなりますのでご了承ください。

Bリーグは選手もかなり多いので今回はピックアップしていない男前選手をぜひご自身で探してみてください。

 

第5位 佐藤公威選手

ハーフ並みのかっこよさをもつ日本人離れしたイケメンです。11歳からバスケットボールを始めて、高校ではそこまでの目立った活躍はなかったものの、逆に大学では全日本バスケットボール選手権大会に1年エースとして出場した選手です。

そして、もっと佐藤選手で驚くのが1試合でチーム最多の23得点!7リバウンドの成績を残し、注目を集めた選手なのです。23得点!?大学では目立つ選手になったと思います。

その活躍の証に、佐藤選手の通った大学では今でも「佐藤公威キミタケDREAM CUP」を開催して、高校生のバスケット選手の活躍と育成の場を作っているそうです。

時々、佐藤選手本人が応援にくるそうなので、ファンは要チェックですね!

 

第4位 熊谷宜之選手

ジャニーズにいてもおかしくない位のルックスを持つ熊谷選手。

Bリーグもこんなアイドルみたいなかっこいい選手いるんですね~。

4人兄弟の3番目として生まれ、お父さんがバスケットボールの指導者だったこともあり、小さい頃からバスケットボールには、触れ合う環境で育っています。熊谷選手もとても、おしゃれで美容室によく行くようです。

昔から、バスケもルックスも目立つ選手でモテモテだったみたいです。同性の選手から見ても、かっこいいし、バスケットボールも上手いので憧れる後輩も多かったのではないでしょうか?

 

第3位 田臥勇太選手

誰もが知っている日本バスケットボール界のルーキーですね。

Bリーグは詳しくないけど、田臥選手だけは知っている!という人多いのではないでしょうか?

もちろん田臥選手のバスケット経歴も、3年連続インターハイ出場などやり遂げた選手です。世界ジュニア選抜にも選ばれ、日本国内だけでなく、海外でも評価が高いです。

日本バスケットボール界の先頭を走っている選手ですね。今でも、日本バスケットボールのトップランク選手であり、2015年アシスト王、ベスト5とまだまだ、田臥選手の活躍が期待される実力の安定している経験豊富な選手です。

田臥選手は昔も、今も変わらずイケメンで男子も女子も人気があります。

 

第2位 五十嵐圭選手

イケメン度は完成度高い選手です。可愛い顔が特徴です。

昔は陸上部からバスケット部に写った五十嵐選手ですが、最初バスケットボール部で秋冬限定のヘルプ部員だったそう。

しかし、高校でバスケットボールで有名な高校へ進学し、1年間休みなく頑張っていたようですね。大学の頃からも実力は話題にはなってはいましたが、大学卒業後グングン成長し活躍の場を広げました。結婚はしているようで、奥さんは元フジテレビアナウンサーの本田朋子さんです。

2017年もも日本バスケットバール界で五十嵐選手の今まで以上の活躍が楽しみです。

 

第1位 城宝匤史選手

とてもイケメンです。

顔だけで見ると、バスケットボール選手には見えません。俳優かモデルの勢いでかっこいいです。バスケットボールは、パワフルなプレイでとても目立ちます。

観客をひきつけるプレイと、かっこいいルックスで本当にどこにいても、かっこよくてまぶしい。大人の魅力で女子のファンをメロメロにする城宝選手ですが、奥さんは元グラビアアイドルで城宝選手と美男美女の夫婦ですよね。城宝選手には、なぜか再婚の噂がありますが、再婚と噂される理由もなぜなのか分かりませんが、再婚ではないようです。2013年に今の奥さんと結婚したようですが、きっとその時は、何人の女子のファンが泣いたことでしょう・・・。

 

まとめ

今回は2017年のBリーグのイケメン選手についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

バスケットボール選手男前でかっこいい選手ばかりじゃないですか??

バスケットボールもうまくて、かっこいいなんて、みんな小さい頃から女子にモテモテだったことでしょう。

これからも、もっとバスケットボールがうまくてかっこいい選手がどんどん活躍してくれることを期待しましょう。