先日ついにフィギュアスケーターとして現役引退を決めた浅田真央さん。

浅田真央さんが日本に起こしたフィギュアスケートのブームは現在もなくならず、今までフィギュアスケートに興味がなかった人も浅田真央さんをきっかけに見るようになったという人もいるのではないでしょうか。
また浅田真央のようになりたいとフィギュアスケートをやり始めた人小さな子供も多いと聞きます。

 

そんな浅田真央さんですが、現役引退後はテレビやCMに今まで以上に引っ張りだこになることは間違いないでしょう。
そして気になるのはいったいどれくらいの年収をもらっているのかということですよね。

 

そこで今回は引退した浅田真央さんの気になる年収や引退後のテレビやCMに出演するときの1本あたりのギャラについての情報をまとめていきます。

Sponsored Links

浅田真央のプロフィール

まずは簡単に浅田真央さんのプロフィールについて振り返っていきましょう。


名前:浅田真央(あさだまお)
生年月日:1990年9月25日(26歳)
出生地:愛知県名古屋市
身長:163センチ
体重:47キロ
血液型:B型
姉:浅田舞

浅田真央さんは愛知県名古屋市生まれです。真央という名前は父親が女優の大地真央のファンだったことが由来しているようです。

名古屋市立高針台中学校、中京大学附属中京高等学校出身です。
高校卒業後は中京大学体育学部体育学科に進学し、卒業以降の選手としての在籍も中京大学となっていました。

 

フィギュアスケートブーム、真央ちゃんブーム、がとくに盛り上がったのはやはりトリノオリンピックあたりの時期ではないでしょうか。

世間でも大きく取り上げられた浅田真央さんのオリンピック出場問題では、「五輪前年の6月30日までに15歳」という年齢制限にたったの87日足りず、オリンピック代表に選ばれることはありませんでした。

トリノオリンピックでは荒川静香選手が見事金メダルを獲得し、フィギュアスケートブームにさらなる追い風を与えましたが、当時の浅田選手の記録を考えると、オリンピックに出場していたら違う結果になっていたと考える人も多いのではないでしょうか。

 

4年後のバンクーバーオリンピックでは無事出場となり、金メダルを期待されていましたが、ライバルでもある韓国のキムヨナに惜しくも破れ銀メダルという形になりました。

残念ながらフィギュアスケーターとして、オリンピックで金メダルという目標を達成することはできませんでしたが、日本中に影響を与えた選手として、現役引退のニュースは世界中で報道されました。

 

浅田真央の現役引退後の年収やテレビCMのギャラは

それでは気になっていた浅田真央さんの現役引退後のテレビやCMのギャラや年収についての情報を調べていきます。

そもそも浅田真央さんは現役フィギュアスケーターであるときから、膨大な数のCMに出演していました。その合計金額はなんと約6億5000万円にまでいくといわれています。

 

とんでもない金額で浅田真央さんは相当リッチな生活を送っていると思われるかもしれませんが、すべての金額が彼女の懐に入っていたわけではないそうです。

それは日本スケート連盟やマネジメント事務所など複数に流れてしまうからです。その割合はなんと約95%と推定されておりまさに「搾取」と言われても過言ではありません。

 

浅田真央さんのスポンサー企業はいっとき15社にまで増加しており、1社あたり3000万円で計算しても、連盟は9000万円を手に入れていたのだとか。

浅田真央の全盛期のギャラはCM1本800万円、テレビ1本300万円とも言われており、引退後のギャラは少しは低くなるかもしれませんがかなりの金額に及ぶことは間違いありません。

 

今後はキャスターやプロスケーターなど多方面で活躍することが予想されますので、引退したとはいえテレビで目にする機会はどんどん増えていきそうですね。

 

まとめ

今回は先日現役引退を発表した浅田真央さんについて引退後の年収やテレビCMのギャラについての情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

年収やギャラは引退したとはいえまだまだ衰える気配はなさそうですね。

これからもタレントとしてテレビに出演するのを応援していきましょう。