2020年の東京オリンピックの開催まで少しずつ近づいてきて、出場が期待される若手選手がテレビに取り上げられることも多くなりましたよね。

日本の東京の開催となるので、歴代のオリンピック以上にたくさんのメダルを獲得して、日本中を盛り上げてほしいですね。

 

そんな東京オリンピックの中で金メダルの獲得が期待され、さらに東京オリンピックからの新競技となるスポーツをご存知でしょうか。

 

そのスポーツは『スポーツクライミング』です!

 

スポーツクライミングは全部で3つの種目があり、『リードクライミング』『ボルダリング』『スピードクライミング』があります。

それぞれクライミングをするという点では同じですが、高さを競ったり速さを競ったりとルールが異なりますが、そのどの競技でも日本の活躍が期待されています。

 

いったいどんな選手が日本代表としてクライミングに挑戦するのか気になりますよね。とくに女性は男子の選手でイケメンはいるのか?ということも重要なのではないでしょうか?

そこで今回はスポーツクライミングがどんなスポーツなのかを説明しつつ、イケメン選手についてもまとめていきたいと思います。

筋肉ムキムキで男前なイケメン選手の画像も用意しますのでお楽しみ。

Sponsored Links

スポーツクライミングとは

まずは簡単にスポーツクライミングとはどんな競技なのかについて振り返っていきます。

壁を登っているということで同じように思われがちですが、それぞれルールや参加する選手などのも違うので覚えておくと、競技に興味を持てるかもしれません。

クライミングのジムは東京をはじめたくさんのところに存在するので、自身で体験してみるのもいいかもしれませんね。

それでは1つずつ見ていきます。

 

リード

リード競技は数十メートルの高い壁をロープ(命綱)を付けながら登り、1番高いところまで登ることができた人が優勝という。高さを競う競技です。

 

ボルダリング

ボルダリングはロープを付けずに床に厚めのマットを引くことで安全を確保するため、そこまで高くまで登りません。

競技中はボルダリングの課題が複数用意され、全部の課題を何個クリアできたか、また何回のチャレンジでクリアできたかで競います。

1番優れているのは一度のチャレンジですべての課題を登りきることです。

 

スピード

スピードの種目はリードのように高い壁をどれだけ早く最高到達点にたどり着くことができるかの『スピード』を競う競技です。

ホールドやルートは共通なので、唯一世界記録を表示できる種目です。

日本ではスピードの練習場所が少ないことから、若干競技人口は少ないかもしれません。

 

スポーツクライミングのイケメン選手は

それではスポーツクライミングのイケメン選手の情報をまとめていきます。

体は細いけど筋肉がある細マッチョな男前が好きな人はぜひおすすめです!

イケメン選手をきっかけに、クライミング(ボルダリング)に興味をもち、実際に自分もやってみるといいのではないでしょうか。

楢﨑 智亜(ならさき ともあ)
生年月日:1996年6月22日
出身地:栃木県

 

藤井 快(ふじい こころ)
生年月日:1992年11月30日生まれ
出身地:静岡県

 

原田 海(はらだ かい)
生年月日:1999年3月10日
出身地:大阪府岸和田

 

楢﨑 明智(ならさき めいち)
Meichi Narasaki
生年月日:1999年5月13日生まれ
出身地: 栃木県

 

渡邉 海人(わたなべ かいと)
生年月日:1996年12月25日
出身地:埼玉県

 

緒方 良行(おがた よしゆき)
生年月日:1998年2月4日
出身地:福岡県久留米市

 

北江 優弥(きたえ ゆうや)
生年月日:1998年4月29日生まれ
出身地:大阪府

 

山内 響(やまうち ひびき)
生年月日:1998年10月16日生まれ(18歳)
出身地: 岩手県

 

まとめ

今回はスポーツクライミング(ボルダリング)のイケメン選手をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

東京オリンピックに向けて、スポーツクライミングはどんどんも盛り上がっていき、イケメン選手もたくさんとりあげられると思います。

まだ興味がない人も、このイケメン選手を応援することから入っていき、ボルダリングを初めてみるのもいいのではないでしょうか。