そろそろ秋だな・・・と感じる頃にあるイベント、それはお月見です!

皆さんは、お月見は具体的にいつなのかご存知ですか?

私はお恥ずかしながら知らなかったため、調べてみました。それでわかったのですが、「中秋の名月」に行われるお月見って、どうも旧暦の行事のようなんですよね。

つまり、毎年日にちが変わるのです。

 

ちなみに2017年のお月見は、10月4日とのこと。10月といえばかなり秋!という感じで、食べ物がおいしい季節だろうな、と想像してしまいます。ええ、私は月よりお月見団子の方が気になって仕方がありません!

ということで、今回は、2017年のお月見団子事情についてお伝えしていきたいと思います!

Sponsored Links

お月見団子のレシピ、2017年に話題になっているものはある?

そもそもお月見団子って白くて丸くて積み上げられているあれ以外、何かあるの?と思っている方もいらっしゃいますよね。私もそのうちの一人です笑

2017年はもしかして、話題になっていたり流行っているレシピってあるのかな?と思って調べてみたのですが・・・

今の所、特にそういうものはなさそうです。

 

こういうことを言っては雰囲気ぶち壊しになるかもしれませんが、バレンタインやハロウィンなどと比べて、お月見って地味というか、言い方を変えれば商業利用されていない感じがしますよね。

今後、どこかの企業が盛り上げてくれたら、たくさんの面白いレシピが出てくるのかもしれません。

それまでは
・上新粉を使う本格レシピ
・白玉粉を使う時短レシピ
・いいとこ取りのだんご粉レシピ
・野菜や豆腐を混ぜるヘルシーレシピ

などで、シンプルなお団子を作って待っていましょうね!

 

お月見団子のアレンジ、2017年のオススメは?

お団子って、手作りしたことある方はわかると思いますが、めちゃくちゃ大量にできてしまいますよね。なのに、どんどん食べないと味が落ちてしまうところが悩ましいです。

甘いものが大好きな方でも、白いお団子ばかり食べているとだんだん飽きてしまうのではないでしょうか。

 

そこで、残ってしまいそうなお月見団子のアレンジ方法を調べてみると、たくさんのアイディアを見つけることができました!

ただ、2017年特有のオススメなのかと言われると・・・正直微妙なところです笑

むしろ、これからもずっと使うことができそうなアレンジのアイディアという感じがしました!

 

ちなみに、ざっとまとめてみると以下のようになります。

・みたらし餡をかける
・お雑煮風にする
・ゴマをかける
・冷たい餡や味をつけたミルクをかけてデザートにする
・焼いて醤油と海苔をつけて、磯辺焼き風にする

お団子自体に砂糖が入っている場合、ただ焼いて醤油を塗るだけでもみたらし団子風になりそうですよね!

個人的には、しょっぱい系のアレンジを試してみたいなと思っています。

 

まとめ

今回は、2017年のお月見や、お月見団子事情についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。

2017年はこれ!!という感じがないからか、まさに「伝統」という感じがして、かえって魅力的だな、と私は感じました。

 

お月見は、派手なイベントではありません。どちらかというと忘れられがちとも言えるでしょう。実はお月見をやったことがない・・・という方もいそうですよね。

せっかくなので、2017年は手作りのお団子でお月見に挑戦してみてください。10月4日、晴れますように!