2017年は雨量が少なくて水不足になるのではないかと心配されていましたが、どうやら心配はないようですね。台風5号が今までの雨の少なさを挽回するように日本列島に猛威を振るっています。

 

日本列島に上陸してからもなかなか進むことがなく自転車と同じくらいのスピードで進んでいるという報道があるくらいなのでびっくりしました!

自転車って人がこぐんじゃ、いつまで経っても進むわけないじゃんって思っている人も多いでしょう!

 

そこで今回は2017年の台風5号についての情報をまとめていきたいと思うのですが、その中でも今回は8月8日の夕方頃から上陸するのではないかといわれている甲信越地方の新潟をピックアップしていきたいと思います。

これからの予想進路と被害状況、雨量はどれくらいなのかなどなどわかる範囲でまとめていこうと思います。

Sponsored Links

台風5号2017の8月7日夜の被害状況は

それでは日本列島でゆっくりと北上している台風5号についての情報や被害状況を8月7日の段階でまとめていきたいと思います。

まず今現在かなり影響が出ている地域は東海地方や四国地方だそうです。

 

台風による雨や風で飛行機もうまく運行していないため、全日空、日本航空でそれぞれ144便、185便とかなりの数が運行を中止したようです。

もうすぐお盆休みで一足先に休みをとっている人も多い中、これはとても残念な結果です。

せっかく楽しみしていた計画も台無しになったり、琵琶湖の花火などにも大きな影響が出ているという情報もありました。

 

東海道新幹線も一時運転を見合わせていたようですが、現在は問題なく動いているようです。

台風なので飛行機がとくに大きな影響を受けていますが、そんな中新幹線が動いているとなればとても頼もしいですよね。

 

新潟の台風5号2017の上陸は?被害状況と雨量は

それでは心配な新潟の台風の被害状況や雨量についてまとめていきたいと思います。

おそらく8月7日の夜までの間は比較的問題なく過ごせているという人も多いと思います。まだゆっくりと東海から北上しているだけなので新潟は多少風や雨が降る程度であることが予想されます。

 

新潟にって大きく心配なのが8日の夕方から夜にかけてですね。

関東甲信越地方がそのあたりになると台風が近づき新潟上陸してくるので、会社や学校から帰るときに大きく影響をうける可能性があります。

家から出れなくて会社いけないならまだいいですけど、会社から家に帰れないっていうのはかなりショッキングな内容ですよね。

 

夕方からということなので、なるべく早く家に帰れるように仕事を切り上げるといいのではないでしょうか。

気になる予想雨量ですが、現在の情報では新潟を含む関東甲信越で300ミリ以上の雨が降るのではないかということが予想されています。

海で津波や山で土砂崩れなど、新潟はどちらもある分とても怖いですよね。

 

まとめ

今回は2017年の台風5号についての情報を新潟や関東甲信越地方を取り上げて調べてみました。

2017年の台風5号はとにかくゆっくり進んでくるということなので新潟以外でも日本列島で大きな被害がおきることが予想されます。

 

予想進路ですが、8日の夕方に新潟などで、それからさらに北上して10日あたりで温暖低気圧に変化することが予想されていますが、実施どうなのでしょうか。

新潟には海も山もある自然豊かな土地なので台風が近づいてくると怖いこともあると思いますが、ぜひ安全に台風が通りすぎるまで過ごしてください。