2017年は梅雨が全然梅雨らしくなく、晴れ間が広がる時期が非常に多い印象でした。

ただ7月後半あたりから台風がたくさん発生したり、天候が大きく変わることもあったためゲリラ豪雨の被害にあった人も多いのではないでしょうか?

 

現在注意しなければいけないのが、台風5号ですね、日本の南部から北上してきて、なんと日本列島を縦断するだろうという進路が予想されています。

そこで気になるのは全体の予想進路や上陸、被害情報よりも地域別の避難や津波などでしょう。今回は台風5号の2017の名古屋についての情報をまとめていきます。

Sponsored Links

台風5号2017の特徴や予測進路は?

まずは2017年の台風5号についての情報をまとめていきます。

台風5号は2017年8月7日7日5時の段階では足摺岬付近にあって、北東へ毎時15kmで進んでいます。

中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

 

この台風は、8日03時には郡上市付近に進み、9日03時には村上市の西北西約70kmに達するでしょう。

その後、日本海を北上し、10日3時までには温帯低気圧に変わるという予想がされています。

台風周辺海域や進路の予測されている海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

 

名古屋へ上陸や被害は?

続いて2017年の台風5号の名古屋への影響や被害、上陸の時期はいつなのかについての情報をまとめていきます。

まず2017年の8月7日の朝の段階では、今後四国に上陸するおそれがあります。

その後は近畿を北東に進んで、あす8日には東日本へ達する見込みです。

 

あすにかけて、名古屋ではでは暴風や高波による津波や被害が予想されるので十分に注意する必要があります。

また、名古屋を含め西日本の太平洋側では8月7日の遅くまで、から翌日8月8日にかけて、断続的に猛烈な雨が降ることが予想されています。

 

まとめ

今回は2017年の台風5号の進路予想や被害を名古屋をピックアップして紹介しました。

今後の予想進路や名古屋上陸と被害ですが、本日8月7日から8月8日の朝にかけて注意が必要になることがわかっています。

ただ今回の台風はかなり動きが遅いことが言われているので、いつもの台風よりも被害の時間や影響は大きくなるかもしれません。

極力外出はせず家にいるようにしたいですね。

 

2017年は豪雨によって、九州がかなりの被害を受けていて危険だということが改めて認識されましたよね。

同じように大きな被害にならないことを願いたいですし、外出しないで安全に過ごすことが大切です。