2007年から開催されてきた、東山動物園の夏の恒例行事ナイトズーが2017年の今年も開催されます。

昼間とは違う動物の姿を観察できるということで人気のイベントです。

 

そんな東山動物園のナイトズーの期間と駐車場や混雑予想、雨天時は開催されるのか?などを紹介したいと思います。

Sponsored Links

東山動物園ナイトズー2017の開催期間は?

2017年の東山動物園ナイトズーの開催期間はこんな風になっています。

平成29年8月4日(金)~6日(日)、11日(金祝)~13日(日)、15日(火)

の計7日間で通常、16:30までの開園時間が20:30まで(入場は20:00まで)延長されるんだそうです。

 

その他、特別イベントとして飼育員が担当動物のお話しをしてくれる、アニマルトークや綺麗なイルミネーションなど様々なイベントが催されます。

また、東山動物園は今年、開園して80周年と記念の年でもあるのです。

その80周年の特別イベントとしてホッキョクグマ舎でプロジェクションマッピング(雨天中止)が行われるそうですよ。

 

東山動物園ナイトズーの駐車場や雨天時は?

ナイトズーに行くにあたって気になるのが、雨が降っていた場合ですよね?

さて、雨が降った場合、屋外であるナイトズーは開催されるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

ナイトズー開催日が雨天だった場合、公式サイトを見ると、雨天決行と書いてありました。

雨に降られた時のことを考えると、傘やカッパを用意しておいたほうがよさそうですね。

ただし、園内で開催されるイベントによっては雨天中止のイベントもあるので注意して下さいね。

 

あとは気になる駐車場についても調べてみました。

東山動物園にはいくつかの駐車場があるのですが、全ての駐車場をあわせて1600台あります。

普段は、無料になっている駐車場もありますが、ナイトズー開催時はすべての駐車場が有料になり、駐車料金は普通自動車1回800円、大型自動車は1回2000円、自動二輪は1回400円となります。

東山動物園ナイトズーの混雑予想!!

皆さんは、東山動物園のナイトズーに行こうと予定を立ててると思いますが、混雑状況も気になりますよね?

そんな混雑状況ですが、ナイトズーは期間限定のイベントでもあり、子供達の夏休み、大人たちの盆休みと重なるため、かなりの混雑が予想されます。

また、ナイトズーが開催される日は午後から観覧客が増えてきますし、駐車場もすぐに満車になってしまい、駐車場が空くのを待つのに1、2時間は当たり前にあるそうですよ。

 

ナイトズーに行くのでしたら、混雑を避けるためにも、公共交通機関を使っていくのがオススメですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2017年も開催される東山動物園のナイトズーについてまとめてみました。

昼間とは違った動物たちの姿が見れるナイトズー、開催期間中に一度行ってみてはいかがでしょうか?

ただし、かなりの混雑が予想されるので、覚悟して行ったほうがよさそうですね。