2017年もあっという間に1か月たち、2月に入りましたね。

2016年から2017年にかけての冬は数十年ぶりの大寒波到来ということで、日本各地で大雪になったりと大変な思いをした人も多いのではないでしょうか。

 

雪は見ている分にはとてもきれいですが、関東や関西など雪に慣れていない地域だと、交通機関がマヒして生活や仕事に支障が出てしまいます。

早く冬が明けて2017年の春の到来が待ち遠しいところです。

 

少しずつ暖かくなってきて2017年の春になると、今度は気になるのが衣替えをいつ頃にするかですよね。

毎年衣替えをいつ頃行えばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は衣替え2017春と題しまして、衣替えをいつ頃から行い、冬服収納の時期はいつにすればいいのかということについて情報をまとめていきます。

いつから暖かくなるのかを知って衣替えのタイミングを知っておきましょう。

Sponsored Links

2017年春はいつ頃やってくる?いつから暖かくなるの?

まずは2017年の春の暖かさはいつ頃からなのかについての情報をまとめていきます。

2017年の寒さの原因といわれているのが、2016年夏に起こった『ラニーニャ現象』です。

ラニーニャ現象とは南米沖の海面温度が急激に上昇する現象で、日本に感想した空気が流れてくることにより、梅雨前線が押し出され、梅雨の時期が短くなります。

その年の夏がラニーニャ現象によって猛暑となると、その年の冬には寒波が訪れ、例年以上の寒さになるそうです。案の定2016年から2017年の冬は早い段階から寒くなりました。

 

とはいえ、年末年始はそこまで冷え込むこともなかった印象でもあります。

1月についてもものすごく寒い日とそうでもない日があり、寒暖差が日によって大きく変わる年だったのではないでしょうか。

 

2月以降の気温は例年に近いものとなることが予想されており、2月の中旬15日くらいから少しずつ暖かくなっていき、花粉の飛散も始まるとのことです。

 

そして3月の20日頃には春がやってくるのを感じることができるのではないでしょうか?

 

2017年の衣替えはいつから?冬服収納の時期は?

2017年の冬は日にちによって寒暖差が大きいのでうかつに冬服を収納してしまう、こたつや厚手の布団もクリーニングに出してしまったなどという事故が起こる可能性があります。

2月の後半から3月の前半にかけて、少しずつ春服への衣替えを進めていくといいとは思うのですが、急激に冷え込む日のことを考えて、厚手のコートをいつでも用意できる状態にしておくといいのではないでしょうか。

 

ただそうはいってもこたつや布団など大き目のものをいつまでも部屋の中に出しておきたくないという人も多いはずです。

なので極端に冷え込むときようの厚手のコートや、部屋の中で着用できるものは残しつつ、エアコンの暖房だけで部屋を暖めることができるようにしていくとよいかもしれません。

 

まとめ

今回は衣替え2017春はいつ頃?という内容で、冬服収納の時期やいつから暖かくなるのかについての情報について調査していきましたがいかがでしたでしょうか。

2016年から2017年にかけて、日本各地に寒波が襲い、雪になれない地域での豪雪の影響で交通事故や、交通機関のマヒなどあらゆる影響がおきました。

 

その寒さも2017年の2月中旬あたりから弱まっていき、3月に入るころから少しずつ暖かくなっていくようです。そのかわり花粉が飛散し始めるので、それはそれで困りますが。

衣替えは暖かい日が来るからといってまとめて行うのではなく、厚手の上着などを残しつつ寒暖差の激しい2月、3月を乗り切っていくとよいのではないでしょうか。