2017年3月に韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾裁判が行われ、8人の裁判官全員の意見が一致し大都糧食を辞任となることが可決しました。

これにより、韓国では次期大統領候補者が名乗りを挙げ、これから選挙が行われることになります。

 

2016年から2017年にかけては、アメリカのトランプ大統領が就任することなど、世界の情勢が大きく変わってきています、さらに日韓関係もいまだ微妙な状態なだけに間違いなくこの選挙の結果で日本への影響が出てくることでしょう。

 

そこで今回は2017年の韓国次期大統領予想や、その中でも反日の候補者は誰なのか?また日本への影響はどのようなことがあるのかについてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

 

朴槿恵はなぜ辞任となった?

まずは簡単に前大統領である朴槿恵が何をしたのかよくわかっていないという人もいると思いますので、こちらの情報を簡単にまとめていきます。

 

今回の鍵となる問題は大きく分けて2つです。

機密漏洩問題
不正資金問題

 

まず機密漏洩問題ですが、簡単にいうと「韓国政治についてアドバイスをもらうために、政治家でもない一般人に国政の秘密を漏洩してしまった」ということです。

一般人に韓国政治における秘密情報を喋ってはいけない、守秘義務があるのは当然のことですよね。

 

さらに不正資金問題というのは、朴槿恵大統領が「特定の財団に寄付をするように指示した」ということです。

大統領という立場で特定の財団や企業に肩入れしていたということなので大きく問題視されています。

 

以上の2つが今回の問題の焦点となっている部分です。

その結果、朴槿恵は大統領を罷免され今後逮捕されるという流れが予想されます。

 

2017韓国大統領選挙の候補者予想

今の段階では上記の画像に掲載されている人物が韓国大統領選挙に出馬すると予想されています。

元国連の潘基文さんも候補者に挙がるのではないかという声もありましたが、今回は見送ったようです。

候補者の中で今当選に一番近いと言われているのが一番左の文在寅です。

 

2017年2月末の世論調査において、文在寅さんは支持率32%という支持を得ていて、2位に大差をつけての人気となっています。(2位は安熙正さんで21%です)

ちなみにその1位と2位の人物はどちらも民主党に所属しています。朴槿恵大統領が所属する自由党の候補者は残念ながら支持がほとんど集まっていないんですね。

なのでもし安熙正さんと文在寅さんのどちらが大統領になったとしても、反日や反米、親中や親北の度合いが変わるだけで、政治の方向性としては変わらないことになります。

つまり2017年韓国大統領選挙により次期大統領が決定すると、韓国は社会主義陣営により近づく可能性が高まります。

 

次期大統領の政策と焦点や日本への影響は

まず重要となってくるもののひとつが『THAADミサイルの配備』です。

韓国がアメリカ側に近づくか中国側に近づくのかというのを大きく決定づける材料となっているのが「THAAD」というミサイルを配備するかどうかということです。

アメリカは同盟国である韓国にこの『THAADミサイル』を配備しています。これは迎撃用ミサイルなのですが、中国としては大きくプレッシャーを与えられることとなります。

 

ところが最近韓国政府がTHAAD配備が決定し、中国では報復措置として、韓国への旅行を制限したり、韓国製品のボイコットなどいやがらせとも思われる行動をとっています。

今回の韓国大統領選挙後には合意となっているTHAADミサイルの配備をそのまま実行するのか、それとも白紙に戻すかということが中も億となります。

 

続いて日本への影響がもっとも大きいのが『日韓合意』についてです。

これは日本と韓国との問題で、政治に詳しくない人でも慰安婦問題についてのニュースは何度も目にしたと思います。

朴槿恵大統領時代に、韓国としてはこれ以上慰安婦問題を蒸し返さないとう条件で、日本は10億円の資金を支払いを行いました。

しかし韓国では未だに慰安婦像が増殖し、海外でも設置の動きが見られています。

 

それどころか韓国側では次期大統領就任を機に、日韓合意を白紙に戻そうという意見も出てきています。もちろん国と国とで一度合意したものをを一方的に破棄したら国際的な信用を失うことになります。

また、韓国経済は反日とはいえ、日本に依存している部分もあるので、大統領候補者の中には日韓合意はそのまま履行しようとう考えを持っている人もいるようですが、朴槿恵大統領と同じ意見をしている人は選挙では大きく不利になることとなるでしょう。

 

まとめ

今回は2017年の韓国大統領選挙の候補者の予想や日本への影響や反日の候補者についての情報をまとめてみました。

この大統領選挙の結果次第では韓国が資本主義陣営になるか、社会主義陣営になるかが決定づけられ、日韓関係が大幅に悪くことも考えられます。

 

今の韓国の政治で重要になってくるのは、実は国民感情を得られるかということなので、選挙の時は反日を掲げている人が優位になるのが怖いところです。

まだまだ今後の大統領選挙がどうなるかはわかりませんが、今後も目が離せません。