変拍子を多用する独特な音楽性と圧倒的なライブパフォーマンスで人気を誇るtricot。

そんなtricotを率いるギターボーカルの中嶋イッキュウさんについて、彼女のギターの実力や評価はどうなのか?

そして気になる使用機材について紹介していきます。

Sponsored Links

中嶋イッキュウさんのギターの実力や評価は?

中嶋イッキュウさんのギターの実力は並より少し上といったレベルと言えるでしょう。

ギターのテクニック的にはtricotの楽曲ではリードギターを担当している、キダ・モティフォさんの方が圧倒的に上です。中嶋イッキュウさんはギターボーカルということもあり、フレーズを弾くというよりもコードを弾いて、キダ・モティフォさんのリードギターを引き立てる役割を担っています。

しかし下手というわけではありません。

 

tricotの楽曲は簡単なコードではなく複雑なコードが使われているため、抑えるのはもちろん、コードチェンジも難しく、それなりの実力がないと弾くことはできません。

そのため中嶋イッキュウさんは下手ではなく、普通よりは上手い中の上ぐらいのレベルのギターテクニックを持っていると考えられます。

 

ギターのテクニック的には、突出したレベルではありませんが、リズム感という面では圧倒的な才能があると思います。

一般的な音楽は4/4拍子で作られているのですが、tricotの楽曲は3/4拍子という変わった拍子を多用しています。この変拍子と呼ばれる3/4拍子はクセになり、中毒的な楽曲が作りやすいのですが、リズムをとることが非常に難しいです。

それにも関わらず、tricotでは4/4拍子と3/4拍子が目まぐるしく登場し、それにメロディーをのせ中嶋イッキュウさんはギターを弾きながら歌っています。

ギターテクニックでは他のギターリストには劣るかもしれませんが、このどんなリズムにも合わすことができるリズム感は彼女の大きな特徴の一つです。

 

ギターテクニックでは並、しかしリズム感は天才的。彼女のギターの実力はこのような特徴があります。

そんな彼女のギターの面での評価ですが、やはりあまり注目されていないようです。ギターボーカルという事とキダ・モティフォさんという圧倒的なギターリストが存在するため、評価されにくいようです。

もちろんボーカルとしては高く評価されています。小藪一豊さんがMCを務めるバラエティ番組「BAZOOKA!!!」では「ジェニーハイ」のボーカルとして抜擢されていますし、tricot自体が海外でも高く評価されているバンドなので、ボーカル面での評価はとても高いです。しかしギターリストとしてはまだまだという感じでしょう。

 

中嶋イッキュウさんの使用機材

そんな中嶋イッキュウさんの使用機材を調査してみました。

中嶋イッキュウさんの使用ギターは滋賀にあるギター工房Altero Custom Guitarsにオーダーしたテレキャスター・シンライン・モデルです。”HIGEZUMA”と名付けられていて、12フレット目にはヒゲの形をしたインレイが入っています。

オーダーということもあり通常のテレキャスターのシンラインとは違った形をしています。ボディが少し歪んでいて、サウンドホールと呼ばれるシンラインの特徴的な部分も稲妻の形で穴が空いているなど、独特のカスタマイズをされています。

 

次にエフェクターの使用機材を紹介していきます。

使われているエフェクターはKORG DT-10チューナーに、BOSS SD-1、そして自作のブースターのみです。ギターボーカルということもあり、非常にシンプルなセッティングとなっているようです。

SD-1とブースターはMad Pofessor のNew Little Green WonderとOne Controlの Granith Grey Boosterに入れ替わることもあるらしく、会場の広さやセトリによって使い分けているのかもおしれません。

アンプはフェンダーのツインリバーブかマーシャルを使っているようです。アンプのセッティングはクリーンからクランチ。サビなどでは足元の機材でブーストしているといった感じだと思います。

 

まとめ

今回は中嶋イッキュウさんのギターの実力や評価、使用機材について紹介しました。

ギターテクニックでは並程度ですが、圧倒的なリズム感という大きな武器があるため実力は総合的に見ると高いです。

また、使用機材は非常にシンプルなセッティングですが、ギターはオーダーメイドで作られていて、こだわりを感じることができます。

tricotの音源を聴くときには、彼女の歌だけでなくギターに注目して聴いてみても面白いかもしれませんね。