セクゾこと「Sexy Zone」が2018年の春からコンサートツアー(春魂)を行うことが決まりましたね!

タイトルは「Sexy Zone Live Tour 2018」となっております。

 

2017年のコンサートでもファンのことを盛り上げてくれたセクゾですが、2018年のライブもとにかく楽しみですよね。

ただ気になるがセクゾの春魂のチケット倍率がどれくらいなのか?ということですよね。

最近では中島健人さんが映画に出演したり、バラエティでも非常に活躍していることからセクゾの人気がかなり高まっているように思えます。

 

そうなると当然2018年のコンサートの倍率もめちゃめちゃ高くなっていきますよね。

そこで今回はセクゾコンサート2018のチケット倍率予想と、当選しやすい会場はどこになるのか?ということについて予想していきたいと思います。

Sponsored Links

セクゾコンサート2018(春魂)の開催日時や場所は?

まずはセクゾのコンサート2018(春魂)の開催日時や会場の情報についてまとめていきたいと思います。

 

北海道立総合体育センター(北海きたえーる)
3月24日(土)17:30

大阪城ホール
3月30日(金)18:30
3月31日(土)13:00/17:30
4月1日(日) 13:00/17:30

名古屋・日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール
4月4日(水)18:30
4月5日(木)13:30/18:30

マリンメッセ福岡
4月7日(土)17:30

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
4月14日(土)17:30

静岡エコパアリーナ
4月21日(土) 17:00

横浜アリーナ
5月2日(水) 18:30
5月3日(木) 13:00/17:30
5月4日(金) 13:00/17:30
5月5日(土) 13:00/17:30
5月6日(日) 13:00/17:30

 

2018年のコンサートツアーは、3月24日の北海道からスタートし、横浜アリーナの5公演で締めくくるという形ですね。

全部で7会場21公演になります。

午前午後でステージが行われる日がとても多いですね。

 

セクゾメンバーからしたらかなりハードなスケジュールになりかねないので、体を壊さず最終日のコンサートまで走りきっていただきたいです。

2018年のコンサートもこれだけの公演日程がありますが、それでもチケットの当選できず落選してしまう人も出てきてしまいます。当落結果の倍率がどれくらいなのか、正しくはわからないと思いますが、ある程度予想できるのではないかと思いますのでまとめていきます。

 

セクゾコンサート2018チケット倍率予想!

それではざっくりとではありますが、セクゾコンサート2018(春コン)の当選倍率を会員数や日本全国の人口の割合から計算してみました。

 

数字の結果はあくまでざっくりとしたものですので、参考程度にしてみてください。

実際はこんな倍率ではない可能性もありますのでご了承ください。
各会場の収容人数×公演数で、各会場のコンサートに参加できる人数は以下のようになります。
(収容人数もあくまで概算です)

北海道 : 10000 × 1 = 10000 人
大阪 : 16000 × 5 = 80000 人
名古屋 : 10000 × 3 = 30000 人
福岡 : 40000 × 1 = 40000 人
宮城 : 36000 × 1 = 36000 人
静岡 : 10000 × 1 = 10000 人
横浜 : 17000 × 9 = 153000 人
各開場ごとに応募人数の割合を全体の 600000 と日本の各地方の人口割合から算出しました。

日本の各地方の人口の割合
九州地方 11 %
中国地方 5 %
四国地方 3 %
近畿地方 16 %
中部地方 18 %
関東地方 33 %
東北地方 7 %
北海道地方 4 %

北海道 の応募数 : 600000 × 4% = 24000
大阪 の応募数 : 600000 × 24% = 144000
名古屋 の応募数 : 600000 × 18% = 108000
福岡 の応募数 : 600000 × 11% = 66000
宮城 の応募数 : 600000 × 7% = 42000
静岡 の応募数 : 600000 × 6% = 36000
横浜 の応募数 : 600000 × 30% = 180000
座席の倍率を計算するには『応募数÷座席数=倍率』なので、各会場のチケット倍率予想はこのようになります。

北海道 : 応募数 24000 ÷ 収容人数 10000 = 2.4 倍
大阪 : 応募数 144000 ÷ 収容人数 80000 = 1.8 倍
名古屋 : 応募数 108000 ÷ 収容人数 30000 = 3.6 倍
福岡 : 応募数 66000 ÷ 収容人数 40000 = 1.7 倍
宮城 : 応募数 42000 ÷ 収容人数 36000 = 1.2 倍
静岡 : 応募数 36000 ÷ 収容人数 10000 = 3.6 倍
横浜 : 応募数 180000 ÷ 収容人数 153000 = 1.2 倍

 

このような計算結果になりましたけど、どうでしょうか?

横浜1.2倍ってほぼ全員いけることになってしまうので、さすがにこの数字はなさそうです。

ただ、会場1つに対して公演数が圧倒的に多いので、やはり応募が分散する可能性は高いので倍率が若干低い可能性はありますね。

 

まとめ

今回はセクゾことSexy Zoneのコンサート2018のチケット当選倍率の予想や当選しやすいと思われる会場についての情報をまとめていきました。

やはりセクゾの春魂は年々チケットの倍率も上がってきているように思えます。もちろん会場数も増えてはいますが、それ以上にファンもかなり増えているのではないでしょうか。

とにかくコンサートが待ち遠しいですね。