坂道AKBというグループが結成することがわかりました!

 

坂道AKBとは?と疑問に思う人も多いと思いますが、これはなんと、AKBグループと坂道グループ(乃木坂、欅坂)のコラボで、各チームからセンバツされたメンバーによって結成されています。

 

いったいどんなグループでメンバーは誰なのか?フォーメーションについても非常に気になりますよね。

そこで今回は坂道AKBについての情報をまとめていきます。

 

今後の活動やテレビ出演についても調べていきますので要チェックです!

Sponsored Links

坂道AKBとは?メンバーやフォーメーション!

まずは坂道AKBの基本情報やメンバーについての情報をまとめていきます。

 

坂道AKBの曲は、AKB48が3月15日に発売する新曲「シュートサイン」のカップリング曲としてリリースされます。
曲のタイトルは「誰のことを一番愛してる?」です。

 

センターは欅坂46の平手友梨奈(15)で、AKB48の楽曲で48グループ以外のアイドルが単独センターを務めるのは当然ですが初めてです。

そのほかのメンバーは

AKB48

岡田奈々(19)
小栗有以(15)
小嶋真子(19)
向井地美音(19)

 

SKE48

松井珠理奈(19)

 

HKT48

宮脇咲良(18)

 

乃木坂46

伊藤万理華(21)
北野日奈子(20)
齋藤飛鳥(18)
寺田蘭世(18)
星野みなみ(19)
堀未央奈(20)

欅坂46

今泉佑唯(18)
菅井友香(21)
渡辺梨加(21)
渡邉理佐(18)
長濱ねる(18)

となっています。

「次代のエースたちが集結」と銘打たれているように、メンバーは全員「U-21」世代となっています。

また、18人中12人が坂道シリーズのグループが占めているのが特徴的です。

 

フォーメーションはおそらくこちら

渡邉 北野 小栗 菅井 小嶋 寺田 渡辺
今泉 岡田 伊藤 向井地 長濱 星野
齋藤 宮脇 平手 松井 堀

 

フォーメーションやメンバー構成からも、ここ最近の坂道グループの勢いがすごいことがわかります。

特に欅坂46は昨年4月のデビュー曲「サイレントマジョリティー」が初週で26・2万枚を売り上げています。

これまでの新人女性歌手の売り上げの記録をもっていたのはHKT48の25万枚でしたがそれを更新するほか、これまでのシングル3枚はすべて発売初週売り上げ1位を獲得しています。

 

デビュー1年目にして年末はNHK紅白歌合戦に初出場して今後の活動も期待されています。

松井や宮脇といった、AKBの表題曲でのセンター経験者がいる中でセンターに抜てきされた平手友梨奈は「普段ではできない体験をさせていただきました。勉強になりましたしすごい新鮮でした」というコメントをしています。

また平手は松井や宮脇に対しては「手の届かない存在というか、私には絶対無理だなと思いました。今まではテレビで見る方々だったので、オーラがすごかったです」と謙虚に語っているところが印象的でした。

 

平手友梨奈をサポートする松井は「平手ちゃん、すごいですよ、本当に。だって15歳ですよね。

これからの成長が楽しみです…って言ったら、お母さんみたいになっちゃうけど」と笑いながら「私もグループに入ったころはずっと最年少だったので、昔の自分を見ているような気持ちになっちゃうところがあって…」と自信の経験になぞらえてコメントしています。

 

坂道AKBにたいするネットの反応がやばい?

坂道AKBについてネットの反応はどうでしょうか?

 

 

やはり坂道シリーズのファンはこのメンバーやフォーメーションに多いに盛り上がっているようです。

欅坂や乃木坂ほか、AKBグループのU-21メンバーをデビュー当時から応援しているファンとしてはこのメンバー構成はたしかに嬉しいですよね。

 

さいごに

今回は坂道AKBのフォーメーションやメンバーについての情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

フォーメーションやメンバーが予想ではありますが、判明しましたので記載してみましたが、間違いがあればコメントいただければと思います。

これからのAKBグループと坂道グループを引っ張っていくメンバーが活躍する楽曲なだけに、今後のテレビ出演などの活躍がとても気になります。

テレビ出演の情報などがあったら更新していきます。