半崎美子(はんざきよしこ)という歌手をご存知でしょうか?

 

17年間インディーズで活動を続け2017年ついにメジャーデビューを果たすことが決定したシンガーソングライターです。

半崎美子さんがなぜそこまで注目を集めているのかというと、あのサザンオールスターズの桑田佳祐さんも2016年のベスト10曲に入ると大絶賛のシンガーソングライターだからなんです!

 

あの桑田佳祐さんが認める歌手っていったいどんな人なのか非常に気になりますよね。

 

そこで今回は半崎美子(はんざきよしこ)さんの年齢や身長などの基本的なプロフィールから、いったいメジャーデビューまでどんな経歴を持ってきたのかについての情報をまとめていきます。

 

さらに聞いた人誰もが感動するという半崎美子さんの歌詞についても焦点当てていきたいと思います。

Sponsored Links

半崎美子の年齢や身長やプロフィールと経歴

まずは簡単に半崎美子さんの経歴などの基本情報をまとめていきます。

 

名前:半崎美子(はんざきよしこ)

出身地:北海道札幌市

年齢:36歳(2017年現在)

血液型:B型

学歴:札幌大学経営学部中退

身長:確認中

レコード会社:日本クラウン

 

年齢が40近いとういのが意外です。見た目はもっと若い年齢に見えますね。

経歴の始まりは、札幌大学経営学部に入学したそうですが、音楽に目覚めたことをきっかけに1年で中退し、そのまま上京します。

上京してすぐはパン屋さんで住み込みで働きながら音楽を続けていたそうです。

なぜそんないきなり上京して歌を続けられたか、それは高校時代に学園祭でドリカムの「好き」を歌って見事1位になったからだそうです。

 

そしてある日、レストランでピアノを弾いていた女性に声をかけ、パンやケーキでご機嫌を取りつつ、デモテープなどの伴奏をお願いするようになったそうです。

その人の名前はピアニスト『きよみっくす』

 

それからきよみっくすの伴奏の協力を得ながら、地道にライブ活動を継続。

全国のショッピングモールをくまなく回り、少しずつファンを獲得していったそうです。

その地道な活動が少しずつ花開いていき、赤坂BLITZの公演を3年連続でソールドアウトさせるほどの人気にまで登りつめました。

 

一般的にはまだまだ無名ではありますが、桑田佳祐さんや、笑福亭鶴瓶さんもその歌声を絶賛しています。

笑福亭鶴瓶さんのもとには自分でデモテープを持っていき、スタッフに渡したところ、気に入られてそれから交流が始まったそうです。

今回17年のインディーズ活動経歴があり、メジャーデビューが決まったときもまっさきに笑福亭鶴瓶さんに報告したのだとか!

 

また桑田佳祐にはなにもアプローチはしなかったそうですが、ラジオ番組で大絶賛され「日本のアニタ・ベイカーだ、いい人なんだろうな、一緒にワイン飲みたい」などと言われたのだとか。

その発言がきっかけで音楽業界に一気に知名度が高まり、レコード会社5社から声がかかったのだとか!

 

努力し続けると道は開けるということをまさに体現している女性ですね!

 

半崎美子の特徴や楽曲と歌詞は?

半崎美子の特徴といえばなんといってもその素敵な声です。

独特で泣いているのではないかと思うような声の持ち主です。

一度聴いたらやみつきになってしまう歌声です。

 

ただ生まれ持った声だけでなく、半崎美子さんの歌がなぜ人の心に響くのか、それは彼女自身がが毎日を一生懸命に生きて真摯な思いで歌っているからこそだと思います。

だからこんなに素敵な歌詞が生まれ人に届くのだろうと思います。

ぜひ一度ゆっくり聞いてみてはいかがでしょうか。

 

本当に素敵な歌声で一度聞いてファンになってしまう人も多いと思います。

 

さいごに

今回は今話題のシンガーソングライター半崎美子(はんざきよしこ)について経歴や年齢の情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

年齢はまさかの36歳でようやくのメジャーデビューというからすごいです!

これだけの時間、そこまで多くの注目を集めてきたわけではないのにずっと継続し続けるという歌に対する真摯な思いに心を打たれます。

そしてその思いが歌詞に乗って心に響きます。桑田佳祐さんも絶賛するほどやばいという理由がよくわかりました。

これからも半崎美子さんの歌声をどんどん応援していきます。