京都の四大行事のひとつ、伝統文化の「五山送り火」。

昨年は大雨の中行われるなど、長く大切にされてきた行事です。

そんな五山送り火は、たくさんの文字や形が炎となって送り火になり、毎年たくさんの方が見に来ます。

 

なかでも「大文字の送り火」はとても有名で、一番見たい!といった方も多いのではないでしょうか。

大文字には普通の大文字と左大文字があります。

 

二つに違いはあまりありませんが、左大文字の方が、線がはっきりしていて男らしいと大文字より見に行く方もいらっしゃいますよね。

 

また位置的に左大文字の方がアクセスしやすい、といった方もいらっしゃると思います。

今回はそんな「五山送り火2017」で「左大文字の見える場所と穴場スポット」をおすすめ厳選しました!

Sponsored Links

五山送り火とは

五山送り火は、京都の伝統行事として毎年8月の16日に行われます。

葵祭、祇園祭、時代祭とそして五山送り火が京都の四大行事に数えられています。

 

有名な「大文字送り火」とその他に「五種類の送り火」がお精霊(しょらい)をあの世へと送ります。
※お精霊(しょらい、しょれい)・・・お盆の後にあの世に戻って行く先祖の霊

そんな五山送り火2017の情報を簡単に紹介します。

・開催地:京都府京都市左京区にある東山如意ヶ岳(大文字山)等の山岳
「左大文字」は北区の金閣寺付近大北山になります。

・開催日:2017年8月16日(水)
・開催時刻:20:00点火~20:30頃まで
・最寄り駅:最寄り駅が山岳によって違うので注意してください。

 

昨年五山送り火2016ではゲリラ豪雨になってしまい、しかしその中でも行事が行われました。

そのことから五山送り火2017では、よりたくさんの方が訪れることが予想されます。

早めの行動を心がけて、しっかり場所取りをしておきましょうね。

 

五山送り火2017左大文字の見える場所

それではまず基本的な五山送り火2017で左大文字の見える場所を紹介します!

 

西大路通 西院~金閣寺(京都府京都市)

こちらは京都市観光協会がおすすめしている、左大文字の見える場所になっています。

公式なので、確実に見えることは間違いないでしょうが、知られている場所なので、人混みには注意してください。

 

平野神社( 京都府京都市北区平野宮本町1)

左大文字の見える場所として有名なのが平野神社。

平野神社の雰囲気と左大文字の送り火が京都の伝統を感じさせてくれます。

たくさんの人が神社内に来ると思われますので、ぶつからないように気を付けてくださいね。

 

左大文字の穴場スポットおすすめ厳選

それでは「左大文字の穴場スポット、おすすめ厳選」を紹介していきます!

 

カトリック衣笠教会周辺
(京都府京都市北区衣笠御所ノ内町4)

カトリック衣笠教会周辺は左大文字が間近に見ることができる穴場スポットです。

山や炎との距離が近いので、迫力で選ぶならこちらがおすすめですよ!

 

船岡山公園
(京都府京都市北区紫野北舟岡町42他)

船岡山公園内からは「妙・法」「大文字」「左大文字」「舟形」を鑑賞することができます。

公園内を散歩しながら、より良い見えるポイントを見つけるのもおすすめですね♪

 

イオンモール京都五条の屋上
(京都府京都市右京区西院追分町25-1)

こちらは毎年、五山送り火の当日に屋上が解放されて、五山送り火を全体的に鑑賞することができます。

しかし人は多めなので、踏み台などを持っていき、すこし高くして見るのがおすすめです。

踏み台は100円ショップなどで購入できますよ♪

 

まとめ

各スポットはどれもおすすめですが、夜ですので足元には十分気を付けてくださいね!

全体的に送り火を見るのも良いと思いますが、この文字!と決めて間近で見ると、やっぱり迫力が違います。

帰りの混雑が苦手な方は、最後の方は帰りながら観ることをおすすめしますよ♪

おすすめ厳選した穴場スポットでも、早めに行って場所取りをしときましょうね。

今回の情報があなたやご家族のお役に立てたら幸いです。

ぜひ京都で「五山送り火」を観て感動と伝統を感じてきてください。