「大文字の送り火」で広く知られている、京都四大行事のひとつ「五山送り火」。

大文字のほかに、たくさんの送り火が文字や形となって、京都の夜空へと燃え上がります。

そんな送り火からできた「消し炭」には、「意味やご利益」があり、拾いに行く方がたくさんいらっしゃいます。

 

その消し炭を取りに行くと、五大送り火を観て感動した後に、ご利益もいただけて良いと思いますよ。

しかしそんな消し炭拾いには、「何時に行くのが良いの」が気になりますよね。

 

また、「五山送り火の消し炭の意味」や、「どんなご利益」があるのかも気になるところです。

今回は、五山送り火2017の「消し炭拾いは何時にいくのか?」また「意味やご利益について」を詳しく紹介します。

Sponsored Links

五山送り火について知っておくこと

五山送り火とは、京都の四大行事といわれる伝統行事です。

毎年8月16日に送り火によって、お精霊(しょらい)をあの世へとお送りします。

お精霊(しょらい)とはお盆に帰ってくる、先祖の霊のことですね。

その時に燃える送り火では「大文字」、「船形」といった様々な文字や形を、5つの山岳でそれぞれ表現しています。

 

また護摩木(ごまぎ)に名前と持病を書いて燃やすことによって、病が治るようにとの意味もあります。

さらに、「消し炭」にも厄除けなどの意味やご利益があるとのことで、五大送り火を観た後に火床だった場所へ、消し炭拾いに行く方もいらっしゃいます。※後ほど詳しく説明します

 

五大送り火2016では、ゲリラ豪雨の中で行われた為、見に行けなかった方も大勢いるので、五大送り火2017ではよりたくさんの方が訪れることでしょう。

 

消し炭拾いは何時に行く?

それでは、実際に消し炭拾いへは何時に行くのが良いのでしょうか?

一般の方が消し炭拾いに行く時間としては、五山送り火が行われる翌朝の7時までが良いそうです。

翌朝、火床を目指して登山する人が多いそうで、小学生の遠足で訪れる子達も多く、またご年配の方も足を運ばれるそうですね。

なので、一般的に翌朝7時ごろには混みあいますので、翌朝7時までに行けば消し炭は残っていますよ。

 

翌朝8時頃に行っても、すでに消し炭は無い状態なので、実際に取りに行く方は時間に注意してくださいね。

※ちなみに五山送り火の行事を行った方が、当日の最後に大きな炭を持って帰っています。

 

消し炭の意味やご利益はある?

それでは、五山送り火の消し炭の意味やご利益とは、一体どのようなものがあるのでしょうか?

まず「消し炭の意味」として、厄除けの為との伝承があります。

 

五山送り火の各火床に残った消し炭を、半紙などで包んで玄関前に吊るしておきます。
そうすることによって、厄除けのご利益があるそうです。

分かりやすい方法なので、ぜひ試してみて、ご利益をいただきたいものですね。

 

また、消し炭を細かい粉末状にして、少量服すると持病に良いとされています。

そもそも、送り火で燃やす護摩木(ごまぎ)には持病を治すという言い伝えがあるので、その消し炭を服するとさらに効果があるのでしょうね。

 

またはっきりとは言えませんが、消し炭は腹痛にも効くとされています。
こちらはご利益というより、医学的なものですね。

この様な意味やご利益を求めて、毎年多くの方が朝早くから消し炭拾いに行きます。

 

また行事を行っている方たちも、五山送り火が終わった夜に大きな炭を持って帰るくらいなので、ご利益に期待しても良いかもしれませんね。

 

まとめ

五山送り火2017消し炭拾いについて、詳しく紹介してきました。

五山送り火の消し炭にはこのような意味があって、ありがたいご利益があるのですね。

そして、「消し炭拾いは何時に行くのか」は

・翌朝の7時までに取りに行く
・翌朝8時ごろでは消し炭がなくなっている

という点に、そして山道になっているので足元にも注意してくださいね。

 

「五山送り火」の綺麗で神秘的な炎と、ありがたいご利益がある「消し炭拾い」。

そんな京都の伝統行事は毎年多くの方が訪れ、様々な送り火に感動し、そしてそのご利益をいただいています。

護摩木(ごまぎ)を燃やした方も、そうでない方も、時間帯をしっかり把握して、五山送り火のありがたいご利益をいただいてみてはどうでしょうか?