京都で毎年の8月16日に行われる「五山送り火」をあなたはご存知でしょうか?

「大文字の送り火」で馴染みのある、京都の伝統行事です。

その行事はお精霊(しょらい)と呼ばれる霊を、あの世へと送るという大切な意味が込められています。

 

毎年たくさんの地元の方や観光客が、その送り火を鑑賞しながらお祈りをしています。

そんな送り火は、点火からいつまで燃え続けるのか、またしっかり見える場所など気になるところです。

 

今回は五山送り火2017について、「送り火の消える時間と何時まで見えるのか」、そして送り火を見る「おすすめの場所」も紹介していきます。

Sponsored Links

五山送り火とは

五山送り火とは各山岳で「大文字」や「鳥居形」の炎が燃え上がる、京都ならではの伝統行事です。

京都の四大行事と言われ、毎年8月16日に行われます。

そんな五大送り火はお精霊(しょらい)をお盆から見送る意味があります。

また、護摩木(ごまぎ)という木に、名前と持病を書いて燃やして、病が癒えるようにとの願いが込められています。

 

その歴史については不思議があり、「いつだれが始めたのか」が不明だというのです。

有名な「大文字」の「大」の字の由来も未だ分かっていません。

それが神秘的な雰囲気を出してくれて、五山送り火を観に来る方はたくさんいます。

 

五山送り火2017の消える時間は?何時まで見える?

さて、その五山送り火はいったい何時まで見えるのでしょうか?

こちらでは、五山送り火2017の「消える時間」と「何時まで見えるのか」について紹介します。

 

まず簡単に五山送り火の点火時間から

・20:00頃 大文字点火

・20:05頃 妙の字、法の字点火

・20:10頃 船形点火

・20:15頃 左大文字点火

・20:20頃 鳥居形点火

と5分間隔の点火になります。

 

そして送り火が消える時間ですが、各送り火は基本的には20~30分ほどで消えていき、「21:00前」にはすべての送り火が消えます。

なので、その日の風の強さなで少し時間が前後しても「21:00前後」には消え、またその時間までは送り火が見える時間でしょう。

 

五山送り火2017おすすめの場所

点火と消化の時間が分かったところで、次は、五大送り火2017おすすめの場所を紹介していきます!

 

4ヶ所の送り火を鑑賞するなら、船岡山公園がおすすめ!
(住所 北区紫野北舟岡町42他)

鳥居形以外の送り火を鑑賞するのなら、ここ船岡山公園がおすすめです。

公園内からは左大文字がより大きく見えて、そのほかの送り火、妙の字、法の字、船形、大文字も鑑賞することができます。

公園内を散歩しながら、より良い見えるポイントを見つけるのもおすすめです♪

 

大文字と鳥居形、そして灯篭流しまで鑑賞できる、嵐山渡月橋付近
(住所 京都府右京区、京都府道29号)

この場所からは、大文字と鳥居形の送り火を鑑賞することができます。

さらに、嵐山の南岸での灯篭流しも観ることができる場所となっています。

場所が広いので、人混みが苦手な方には特におすすめですよ♪

 

全体的に見たいなら、イオンモール京都五条の屋上!
(住所 京都府京都市右京区西院追分町25-1)

毎年、五山送り火の当日に屋上が解放されて、高いところから五山送り火を全体的に鑑賞することができます。

ネットでは割と知られている場所ですが、動きづらい程の混雑はないようです。

しかし人は多めなので、踏み台などを持っていき、すこし高くしてみるのがおすすめです。

踏み台は100円ショップなどで購入できますよ♪

 

やっぱり大文字!京都御所
(住所 京都府京都市上京区京都御苑3)

やっぱり大文字をよく鑑賞したい方は、京都御所がおすすめの場所です。

京都御所の南側「建礼門」、その前にある広場からは大文字がはっきりと見えます。

また京都御所は広い場所なので、ゆっくりと大文字を観ることができると思いますよ♪

 

まとめ

2017年五山送り火の「送り火が消える時間」と「見られる時間」、そして「おすすめの場所」を紹介してきました。

以下、簡単なまとめです。

「送り火が消える時間、見える時間」は

・各炎は20~30分ほどで消えていき、基本「21:00前」がすべての送り火が消える時間です。
風の強さなどから少し時間が変わっても「21:00前後」までが、送り火が見える時間でしょう。

その日によって多少の時間の前後はあると思いますが、大体このくらいになります。

「おすすめの場所」は

・4つの送り火をいっきに鑑賞するなら、船岡山公園がおすすめ!
・大文字と鳥居形、そして灯篭流しまで鑑賞できる、嵐山渡月橋付近
・送り火を全体的に見たいなら、イオンモール京都五条の屋上!
・やっぱり大文字を一番よく見たいなら、京都御所

となります。

帰りの混雑が苦手な方は、最後の方は帰りながら観ることをおすすめしますよ♪

おすすめの場所には、早めに行って場所取りをしときましょうね。

今回の情報があなたやご家族のお役に立てたら幸いです。

ぜひ京都で「五山送り火」を観て感動と伝統を感じてきてください。