2018年のバレンタインがまた近づいてきました。

 

本命の男性や彼氏にはもちろん用意しますが、世の女性の頭を悩ますのは会社の同僚へのチョコレートですよね。

 

あまり気が乗らないとはいえ、会社の風習で用意しなければいけない、という人もかなり多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は2017年のバレンタインで会社の同僚に配るための義理チョコのおすすめブランドを紹介していきたいと思います。

 

会社の男性の人数が多くて大量生産しないといけない、料金をとにかく抑えたいという方にもおすすめなブランドも紹介していきます。

Sponsored Links

2018年のバレンタインで会社の同僚へのおすすめブランド

2018年のバレンタインで高すぎず安すぎず、いい線をついたところのチョコレートを紹介していきます。

 

受け取る男性側から考える義理チョコですが、やはり高すぎるものだとホワイトデーのお返しのことを考えてしまいますので、お手軽なものでよいかと思います

 

大量生産におすすめ『ブラックサンダー』

kit003

ブラックサンダーといえば、老若男女問わず誰でも知っているチョコレートですよね!

 

安くてどこでも売っていてコンビニのレジ横などに並んでいるとつい手に取って一緒にお会計をしてしまうなんていう人もいるのではないでしょうか?

 

さすがに手を抜きすぎと捉えられしまうかもしれませんが、男性側はそこまで気にしないと思います。

 

しかもブラックサンダー『義理チョコショップ』というのを東京で期間限定で行うこともあります。

 

2016年も実施されたので2018年もあると予想します!

 

会社の男性も久しぶりのブラックサンダーの味に喜んでくれるかもしれません!

 

柔らかな口どけと甘さ!『ROYCE’(ロイズ)』

choco001

『ROYCE’(ロイズ)』の生チョコレートといえば、生チョコの中でもとくに有名でおいしいと評判です。

 

バレンタインだから少しいいチョコを!でも値段もそこまでかけられないという方にぴったりだと思います。

 

普通の男性はあまり生チョコを食べる機会がないので、ぜひプレゼントしてあげてください!

 

普通のチョコレートとの違いに喜んでくれること間違いなしです!

 

味は『オーレ』『抹茶』『ホワイト』『マイルドカカオ』『シャンパン』と種類があるので迷ってしまう人もいるかもしれません。

 

全部おいしいですが、おすすめは定番の『オーレ』か『抹茶』です!

どちらかにしておけばまず外すことはないでしょう!

 

いつもと違うチョコ『キットカットショコラトリー』

誰もがその存在を知っている『キットカット』ですが『キットカットショコラトリー』はご存知でしょうか。

 

キットカットを「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフである、高木康政さんが全面監修したキットカットの専門店『キットカット ショコラトリー』 で販売されています。kit001

キットカット ショコラトリー サブリム
ビター
1本 ¥324(税込)

 

kit002

キットカット ショコラトリー
モレゾン ビター
1本 ¥540(税込)

上にクランベリーがトッピングされています!

これ以外にもたくさん種類があります!

 

1本300円~500円といういものもあり、値段が高いように思えますが、バレンタインで会社の女性からもらえる義理チョコなら、1本だけでも十分満足となると思います。

 

それに親しみあるキットカットの高級版ということで、チョコにあまり興味のない男性でも食いつくこと間違いなしです。

世間の声やおすすめのチョコは

 

30代女性30代女性

おすすめ:メリーチョコレート

義理チョコならメリーチョコレートがオススメだと思います。会社の義理チョコだと、同僚と一緒に買いに行くこともあり、そんなときはデパ地下などでまとめ買いをします。メリーチョコレートはデパ地下にあるお店の中では比較的リーズナブルな商品が揃っていると思います。また同じものを大量に買ったり、少しでも安く買い求めたいという心理も働くため、種類も豊富でその点ではたいへん重宝しています。会社の義理チョコの場合、相手の年齢や、自分からみて部下なのか上司なのかも気にするポイントになります。予算を変えたりして数種類をまとめて買うときなども助かります。味も万人受けすると思いますし、今後もきっと毎年お世話になってしまうだろうなぁと思っています。

40代女性40代女性

おすすめ:Mary’s

日本の老舗メーカーでもあり、品質は安全です。
またそれゆえに、悪い意味を持つような商品は作らないと思えます。
価格帯は全体的に安価で500に始まり1000円~2000円、予算は2,000位あれば、そこそこ見栄えの良い箱が買えます。
義理の度合いで、いろいろなサイズのチョコレートが用意できるのも便利です。
色々なシリーズがあり、箱のデザインは色々で、好みにで選ぶことができます。

全体的に可愛くてファンシーな絵柄が多いため、スタイリッシュで高級感ある外国のチョコレート風を望む人向きではありませんが、
1,000円以上の物によっては、偶然かもしれませんが、昔のレトロなロレックスの箱のイメージに似ていたりと、面白い物があります。
味も値段なりではありますが、バナナやベリーなど高級チョコレートでもアソートするものがちゃんと入っていて、それなりに楽しめます。

40代女性40代女性

チロルチョコ

バレンタインチョコは、人数によっては1人分ずつ購入するのも大変なので、チロルチョコが役立ったことがありました。パッケージによっては大量に入っている商品があり、数を考えるのにとても便利でした。
一人一人に配らずに『皆さんで食べてください』と一箇所に出して置きやすいのと、費用もそんなに負担にならないのがメリットかなと思います。バレンタインの次はホワイトデーというのも控えているわけなので、気持ち的にも負担にならず軽い付き合いで済むと思います。
きな粉味や抹茶味など味の種類も豊富で、美味しいのもポイントです。たくさんの種類で、選ぶ楽しみも同時に味わう事ができますし、苦手な味のものは選ばずに済むというのも、相手からすると良い事だと思います。
人数、費用、気軽さではチロルチョコがダントツでおススメです。


20代女性20代女性

不二家のカントリーマアムとチロルチョコ

私はいつもチロルチョコ2個と不二家のカントリーマァム大袋に入った小分けされた1個を、小さなかわいい袋に入れて会社の人に渡しています。その方がお互い気を使わずに済みますし、男性側もお返しの際に困らなくて済みます。なぜなら私の主人もバレンタインに義理チョコをたくさんもらうのですが、お返しに毎年困り費用がかかってしまうからです。なのでもらった側の気持ちがとてもわかります。たとえ300円の箱入りチョコを頂いても1000円ぐらいのお返しをしなければならないので相手側にとってバレンタインは迷惑な行事なのです。私も毎回会社の人に渡す際、相手側からしても私があげるチョコは一人100円もかかっていないのがすぐにわかるのでお返しをしなくて良いと理解して下さるので、ここ数年簡易的な愛想のないチョコ数個にしています。


30代女性30代女性

メリーチョコレート

義理チョコと言っても会社で配るとなれば、目上の人や上司もいるためあまり安すぎるものでは失礼になってしまうことがあります。そのような会社への義理チョコにおすすめなのがメリーチョコレートカムパニーのチョコレートです。理由は、歴史のある高級チョコレートメーカーであるにもかかわらず、お値段が手頃な点です。また、味が本格的なのは言うまでもなく、パッケージがおしゃれで他の有名ブランドと比べても遜色がありません。日本で初めてバレンタインデーのチョコレートを販売し始めた会社というだけあってバレンタインデー時の種類が豊富なこともおすすめな点です。安すぎず高すぎず、それでいて本格的な味が楽しめる、会社への義理チョコ選びには外せないブランドだと思います。

40代女性40代女性

モロゾフ

ほとんどの方が聞いたことのあるブランドですし味も美味しいです。義理チョコであげても嫌な人は少なそうです。そして、値段も幅広く揃っている所が義理チョコには魅力です。量も少ない物もありますし、あげやすい感じがします。本命には、高級チョコレートなどバレンタインならではの特別なチョコブランドの商品など凝ったものをあげたいなと思いますが、義理チョコには安定感で渡したいです。義理でも、チョコレートをあげるからにはこちらも安心してどうぞと渡したい気持ちもあります。特に、会社で渡すには、年齢が高い人も多いでしょうし、わかりやすいブランドで、喜んでもらえるのが1番だと思います。包装なども大きなブランドであると沢山前もってしてある場合も多いので、買うときも便利です。

30代女性30代女性

モロゾフ プレミアムチョコレートセレクション

私がおすすめするのは、モロゾフの『プレミアムチョコレートセレクション』です。
このチョコレートは値段は3000円程度とお手頃ですが、バラエティに富んだラインナップのチョコレートが1つの箱におさまっていて、好きなチョコレートを自由に選んでもらうことができます。
正直にいうと職場での義理チョコよりも、本命にお金をかけたいので私の中では義理チョコの相場はこのくらいかなと思っています。
また、ブランドイメージもそんなに悪くはなく、チョコレート自体もおいしいと思っていますし、例年男性社員の皆さんからは「あれおいしかったよ」と声をかけていただけることが多いので、鉄板ネタといえば鉄板ネタかもしれませんが、無難な義理チョコかなと思っています。

 

まとめ

今回は2018年のバレンタインで会社の人に配るために、チョコを大量生産しなければいけないという人に向けておすすめのブランドを紹介してみました。

 

女性は高級過ぎず、安過ぎずの境目を見極めるのが大変ですよね。

 

ですが今回紹介したチョコは、あまりお金をかけないで特別感を出すことが可能かと思います。

 

女性の方はぜひ頑張って男性へのバレンタイン義理チョコを選んであげてください。

 

バレンタイン2018おすすめ記事