2017年9月18日は何の日?

敬老のです、常識ですよね!・・・すみません、私は日にちまでは覚えていませんでした、危なかった(泣)

 

おじいちゃんおばあちゃんに、子供からプレゼントを渡したいと考えているパパママも多いかと思います。けれど、一体何をあげたら良いのか困ってしまいますよね。

正直に言って私にとっても悩みの種です。うだうだ悩んでいると日にちも迫ってきてしまい焦る一方です。

 

そこで、そんな思いをしている全国のパパママのために、敬老の日にオススメの子供からのプレゼントについて、いくつかの提案をしたいと思います!

Sponsored Links

2017年の敬老の日、子供からの手紙をプレゼントに!

手紙は、最も手軽なのに感謝やお祝いの気持ちをダイレクトに伝えられるという優れものです。

まだ文字を書けない幼児の場合には、パパママがお手伝いをしてあげても良いでしょう。

 

例えば、子供には絵を描かせ、そこにパパママがシンプルに感謝を伝える文書を書き込んであげれば、手紙というよりも立派な「作品」に仕上がります。

 

また、小学生以上の子供には、自分で文字も文章を書かせてみましょう。

その際には

・おじいちゃんおばあちゃんにしてもらって嬉しかったことに関して、感謝の意を伝える
・元気で過ごしてほしいという旨を書く

などのように、書くべき内容を伝えると、スムーズに文章が書けるはずです。

 

2017年の敬老の日、手作りの工作にも挑戦してみて

手作りも工作も、プレゼントには喜ばれるようです。と言っても何を作っていいやらと悩んでしまいますよね。

幼児の場合には、意外と幼稚園や保育園の工作が参考になります。どれも簡単にできるだけでなく、子供の手がたや顔写真を使ってあるので、かわいいんです!

具体的には

・手形を押した画用紙+パパママ代筆による一言
・顔写真を使った「こけし風」置物

などがオススメです。

もう少し大きくなった子の場合は、ペン立てやお裁縫など、日常生活で使いやすいものを作ってみてはいかがでしょうか。

完全オリジナルで作るのもいいですが、手作り工作キットを購入するという方法もあります。

 

いずれの場合にも

・あまり凝りすぎない、無理しすぎない
・写真や手形、子供の特技など、「孫」を感じられる作品を作る

ということを意識して、決して気負わず、楽しみながら作ってみてくださいね。

 

2017年敬老の日、子供からのプレゼントって実際どうなの?

そもそも、敬老の日のプレゼントについて、実際にもらう立場のおじいちゃんおばあちゃんたちはどう思うのだろう?と思い、調べてみることにしました。

 

すると、おじいちゃんおばあちゃんの中には「敬老の日なんて!!」と少しネガティブな印象を持つ方がいらっしゃるということがわかりました。まだ若いのに!と思っているのかもしれませんね。

こればっかりは人によるので、どうしようもないですよね。

 

念のため、皆さんのおじいちゃんおばあちゃんが敬老の日に対してどんな思いでいるのかを、事前に聞いておいたほうが無難かもしれません。サプライズよりも、不要なトラブルを避けるほうが良いですから。

 

まとめ

今回は2017年敬老の日にオススメのプレゼントや、ちょっとした注意点についてお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか。

孫からのプレゼントは、おじいちゃんおばあちゃんにとってこの上ない至福でしょう。孫から手渡しをされたら、さらに大喜びですね!

敬老の日まで、まだ時間はあります。焦らずに納得の行くプレゼントを用意してみてくださいね。