徳島発祥の阿波踊り、東京の高円寺で見られるって知っていましたか?

2017年で61回目の開催となる「東京高円寺阿波おどり」、今年は8月26、27日の開催だそうです。

61回って・・・!こんなに歴史があるのに私は全く存知あげず、お恥ずかしい限りです。

 

公式サイトも見てみたのですが、出演者も観客の方もたくさんで、とっても賑わっています。

しかも、夕方から夜にかけてのイベントなので、日焼けの心配も少なくていいですよね!

2017年の夏は、活気のあるところに行きたい!

そんな方にオススメの「東京高円寺阿波おどり」について、ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

高円寺阿波踊り2017年の穴場スポットって?

高円寺阿波踊りで夏の活気を味わいたいけれど、何も人混みの中で踊りを見たいわけではないですよね。

どうせ見るなら、なるべく涼しくて混んでいなくて、でもなるべく近くで踊りを見たいと思いますよね!

そんなわがままを叶える穴場スポットがないか、調べてみました。

すると、以下の3つの場所が穴場だという情報を複数得ることができました。

・パル円舞場
・ルック第一/第二演舞場

地図や写真などで確認してみたのですが、

少し狭目の道という感じで、座ってゆっくり見るということは出来なさそうです。
立ち見をして、少ししたら別の場所に移動して、というような鑑賞スタイルになるでしょうか。

 

高円寺阿波踊り、2017年混雑予想は?

高円寺阿波踊りの公式サイトによると、昨年の実績では、
2日間で88万人ものお客さんを動員したそうです。
この時点で、今年も混雑すること間違いなしだと思うのですがいかがでしょうか!?

 

ちなみに、付近では以下の同時開催イベントもあるそうです。

・おどれ高円寺セシオン2017 (第1部11:30〜、第2部14:00〜)
・2017座・高円寺阿波おどり (第1部12:00〜、第2部14:30〜)

高円寺阿波踊りは夜の時間帯に行われるので、
8月26、27日の2日間、会場付近は一日中混んでいることでしょう。

ただ、小雨ならば少し人は減るのではないでしょうか。
その代わり、皆さん傘をさすはずですから混雑の体感はあまり変わらないかもしれませんね。

高円寺阿波踊り、2017年の交通規制は?時間と場所が知りたい!
すでに公式サイトには、当日の交通規制の詳細が載っていました!

以下に情報をまとめてみます。

・期日 2017年8月26、27日(予備日:28日)
・時間 16:15〜20:30
・場所 JR高円寺駅を真ん中に、
 1、早稲田通り
 2、環状七号線
 3、青梅街道
 4、馬橋通り
で囲まれた地域

交通規制が行われている時間帯、上記の地位に車を乗り入れることは基本的にできません。
けれど、地域内に駐車場がある場合などは、事前に許可証をもらえば大丈夫だそうです!

ちなみに、許可証の申請期間は7月24日〜8月7日です。
申請は警察署ではなく

・町会
・商店会

に、とのことでした。
申請期間はそんなに長くないので、忘れないようにしてくださいね。

 

まとめ

今回は、高円寺阿波踊りに関してお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか。

野外でのイベントだと、小さいお子さんが騒いでも大丈夫なので、大人は少しだけ心が軽いですよね。

けれど、混雑は必至なので、迷子には十分に気を使ってくださいね。

もし今年見に行って楽しかったら、2018年は出演者側にまわってみるのも良いかもしれませんよ!