フライステーション(FlySation)がいよいよ!

 

2017年1月日本に初上陸

 

の予定です!

 

フライステーションとは

簡単にいうと人工的に高速の風を起こし体を浮かせ、

室内にいながらまるでスカイダイビングを行っているかのような体験ができる施設です!

 

ロシアやドイツですでにオープンしていて大人気だそうです!

それでは気になるフライステーションのやり方やコツから、
1回の料金まで詳しく記事を書いていきたいと思います!

 

なぜ子供や女性向きなのか!

その理由も徹底紹介していきますので初心者の方は必見です!!

Sponsored Links

そもそもフライステーションって?施設や料金を解説!

 

フライステーションは、
ウィンドウトンネルと呼ばれる密閉された空間内で

人工的に空気を高速で循環させる施設の中で行います!

 

フライステーションを体験している動画はこちら!女性や子供も楽しんでいます!

めちゃめちゃ楽しそうです!

ちなみに僕だったらマンガやアニメが大好きなので、
地上じゃ絶対に不可能な決めポーズや必殺技の再現をしてみたいです!笑
風速は200キロまで到達し
ヘリコプターの上から落下する
本物のスカイダイビングと、
ほとんど同じ状態を体験することができます!

 

フライステーションの施設紹介

施設の概要はこんな感じです。

fly

 

落ちても安全なトランポリンメッシュが下部に備わっています!

 

フライステーションが体験できる場所と料金

 

現在わかっている情報はこちら!
詳細がわかり次第随時更新していきます!

 

住所:埼玉県越谷市

最寄り駅:JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅

車でのアクセス:

駐車場情報:
料金は1回13,000円程度を見込んでいるとのことです。

 

本物のスカイダイビングを行うのに30,000~40,000円程度かかるので、
それに比べればかなりリーズナブルですね!

 

初心者でも安心のやり方やコツ。子供や女性向きな理由

fly002

 

とっても楽しそうなフライステーションですが、

いきなりやれって言われてもやり方がわからないし
とても不安ですよね。

 

どうやって宙に浮くのか?

落ちたりしたら危険じゃないのか?

 

いろんな不安はあると思いますが安心してください!

 

初心者でもインストラクターがやり方やコツをレクチャー!

 

初心者はフライステーションのインストラクターと
4メートル程度の高さで練習することができるそうです!

 

まったくの初心者でも4メートルくらいの高さまで飛ぶことができ、
上にいったり下にいったりが可能に!
さらには空中でターンを決めることもすぐにできるようになるのだとか!
しかも空中にいるフライト中に、もし体勢のバランスをくずして
不安定になったときでも問題ありません!

常に見張ってくれているインストラクターが
体の向きを調整してすぐに元に戻してくれるそうです!

 

だからといって大技を繰り出したり、変なことはしようとせず、
まずは体の状態を保てるようにすることが大事なようですね!

 

年齢制限や体重制限はあるか?

 

いくらインストラクターがいるからといって、、
何メートルも空中に浮かぶのは怖いですし、
子供には危ないんじゃないかと思う人も多いかと思います。

 

ですがアトラクションの年齢制限は
4歳以上であれば大丈夫とのこと!

 

小学生以下のお子さんをもつ家族でも楽しめますね!
フライステーションを見てテンション上がらない子どもは絶対にいないでしょう!
ただし気を付けてほしいのはお父さんお母さん!

体重は150キロ以内じゃないとご利用できませんのでご注意を!

 

当然ですが、

ケガをされている方

お酒をのんでいる方、

妊娠中の方

はご利用できません。

 

この条件を満たしていれば誰だって空を飛ぶことができます!

ぜひ子供から大人までみんなで楽しみましょう!

 

フライステーションはきっと子供や女性の方が
重が少ないので軽やかに飛べることでしょう!

とくに子供はバランス力が大人より高いので
すぐにやり方やコツをつかんで上達していきます!

 

まとめ

 

今回はフライステーションの料金や
初心者でも安心して参加できるように
やり方やコツについて記事を書きましたが
いかがでしたでしょうか

子供から大人まで、男性や女性も関係なくぜひ楽しんでいただきたいです。

 

ロシアではフライステーションの世界大会も開催されているようですので、
日本でもブームを巻き起こり世界大会に参加する選手が現れるかもしれませんね!

2017年ぜひ一度はフライステーションを体験してみてください!