『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』というドラマが2017年の4月から放送されることが決定されました。

ファイナルファンタジーと聞いて、誰もがあの超人気ゲームのことを思い起こしたはずですが、ドラマでファイナルファンタジー?しかも光のお父さんってどういうこと?と色々と疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

 

今回のこの『光のお父さん』というドラマは、とある人気ブロガーの実話をもとに作成されたドラマとなっています。

そのブログはなんと累計で300万アクセスまで達する人気ぶりで、書籍化とテレビドラマ化がきまりました。

 

いったいどんな話なのか非常に気になりますよね。

そこで今回は『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』はいったいどんな内容なのか、また実在のモデルの名前や、作品の評判とネットの反応についてもまとめていきます。

Sponsored Links

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』とは?

まずは『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』がどういう話なのかを簡単にまとめていきます。

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』とは、ハンドルネーム「マイディー」さんがブログで「一撃確殺SS日記」という日記を連載していたことが始まりです。

その中のシリーズのタイトルが『光のお父さん』です。

 

マイディーさんの父親は60歳ながらゲームが好き。いわゆるゲーマーでした。

そこで主人公のマイディーさんはオンラインゲームである『ファイナルファンタジーXIV』を通じて親孝行をしてみようと決めました。

タイトルの『光のおとうさん』の由来は『ファイナルファンタジーXIV』にのなかで主人公が「光の戦士」と呼ばれていることから、ブログ内の父親の呼び方が光のお父さんとなったのが理由です。

それから名前を伏せながら、他の仲間の協力も得ながらストーリーを進めていき、最後には感動がまっているとう原作になっています。

ドラマ向けに脚色もあるようですが、どれくらい原作に忠実に再現されるのかが非常に注目です。

 

ファイナルファンタジーの名前がつく実写ドラマは今回は初となるそうです。

ファイナルファンタジーがドラマになるということがどれだけ難しいことなのか、普通に考えるととてもわかりませんが、それは『光のおとうさん』の続編である、『光のぴぃさん』を読むとよく理解できます。

 

放送日チャンネルははTBS系列となり、

TBSが2017年4月18日(火) 

24:28~25:58

MBSが2017年4月16日(日)

24:50~25:20

となるそうです。

 

キャストは

主人公の稲葉光生役:千葉雄大さん

父親役:大杉漣さん

 

となっています。

ドラマ化が決まり、原作のブログのファンやファイナルファンタジーXIVユーザー、ネットの反応はかなり盛り上がっていたようです。

いったいどんなドラマになるのか今から楽しみです!

 

光のお父さんのネットの反応は?

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のドラマ化にあたってネットの反応についてまとめてみました。

ネットの反応では好意的で、放送を楽しみにしている意見がとても多いようですね!

 

さいごに

今回は2017年4月から始まるドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』についての原作のあらすじのネタバレやネットの反応についての情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

ネットの反応は非常に好意的で楽しみな意見が多いようでした!

今までのドラマにはない斬新なドラマの作り方も見どころなので、ドラマももちろん原作のブログや本もぜひチェックしてみてください。