ONEといえば、今大注目の漫画家で、テレビアニメにもなった『ワンパンマン』『モブサイコ』の原作者として知られています。

 

正直なところ画力は漫画家の中でも特に低い方で、WEBで連載されているワンパンマン(原作)の連載当初のころはアマチュアの人よりも下手な絵で話が進んでいきます。

ただそれなのに、内容がとにかく面白いと話題になり、今では『となりのヤングジャンプ』という集英社のWEB連載で、画を村田雄介さんの作画で連載されアニメ化まで果たしています。

 

そんな今後期待のONEさんですが、いったいどんな人物なのか知らないという人も多いと思います。

そこで今回はONEさんのプロフィールについて経歴や顔写真、さらに本名についても調べていきたいと思います。

年収や印税についても検証してみましたのでお楽しみに。

Sponsored Links

ONEのプロフィール!経歴や顔写真は?

それではさっそく漫画家のONEさんの基本情報についてまとめていきます。

ペンネーム:ONE
本名:不明
性別:男
生年月日:1986年10月29日
出身地:新潟県生まれ、埼玉県鴻巣市出身

 

ONEさんの顔写真ですが、想像以上のイケメンです!自身が連載しているワンパンマンに出てくる、ゾンビマンにこの顔写真が若干似ているという声もあります。

また現在は30歳とまだ漫画家としては若い部類に入るようですね。

 

調べましたが本名は今のところわかりませんでした。

経歴ですが、もともとは大学生時代に個人でWEB連載漫画を描いていて、アシスタントの経験などもないようです。

それから2009年7月にComicStudioの練習のためにウェブコミック投稿サイト新都社に今大人気となっている『ワンパンマン』の読み切りを描いたところ大ヒットとなったため連載することとなりました。(現在は個人サイトで連載)

その後小学館の裏サンデーにて『モブサイコ100』や『となりのヤングジャンプ』でワンパンマンのほかに、『魔界のオッサン』を連載し、どれも人気を博しています。

 

ちなみにモブサイコ100が連載に至った経緯は、ONEさんがワンパンマンを連載していたときに、Twitterでこれから漫画家一本でやっていくため、持ち込みをしていくとつぶやいたところ、ワンパンマンの連載を多数の会社から打診されたそうです。

その中で小学館だけが、新連載で!という話だったのでモブサイコ100が連載になったという話があります。

 

ONEさんの年収や印税はどれくらい?

本名や顔写真、経歴などの情報も知りたいですが、やはり気になってくるのは年収や印税がどれほどのものなのかということではないでしょうか。

漫画家でしかもWEB連載ということもあり、細かくは調べられませんが、漫画の発行部数から年収や印税を予想していきたいと思います。

ちなみに漫画家の本の印税の計算は

本の定価×発行部数×印税率

という形で計算されるようです。

 

印税率は少ないと5%くらいからで、人気作家になると10%ほどもらえるとのことですので、今回は10%で仮に計算していきます。

ONEさんの漫画の発行部数は、ワンパンマン500万部突破、モブサイコ120万部突破ということが記録されています。

なので合計620万部で考えると

単行本およそ420円×620万部×10%=2億6千040万円

となります!

まだデビューしてそこまでの期間がたっていないのにこの金額はやばいですね。

 

ちなみにワンパンマンは2人体制なので、収入の取り分や、WEBでの広告料金なども発生することからあくまでざっくりとした計算なので信憑性は低いですのでご了承ください。

 

まとめ

今回は漫画家のONEについて本名や顔写真についての情報をさがしてみましたがいかがでしたでしょうか。

さらに経歴や年収についても調べてみましたが、とんでもない金額の年収を貰っていそうだということはわかりました。

まだまだこれからたくさんの人気作を生み出してくれること間違いなしのONEさんをこれからも応援していきたいと思います。