羽海野チカさんといえば超売れっ子漫画家の1人で、普段漫画を読む人も、そうでない人でも一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

代表作といえば、

ハチクロこと、ハチミツとクローバーや、アニメ化と映画化で今人気急騰中の3月のライオンですよね!

羽海野チカさんの独特な柔らかい画のタッチや、印象的なキャラクターとセリフは、大人も子供も男女も問わず誰もに愛される作品なのではないでしょうか。

 

そんな羽海野チカさんですが、名前は知っている人は多くても一体どんな人物なのかよく知らないという人もかなり多いと思われます。

謎に包まれているから逆にいいという人はこの記事は読まない方がいいかもしれません。

 

今回は漫画家の羽海野チカさんがいったいどんな人物なのかについて徹底的に調査していきます。

プロフィールや年齢、結婚してるかどうか、というのはもちろんのこと、顔写真や年収についての情報についても検証していきます。

Sponsored Links

羽海野チカのプロフィール!顔写真や年齢は?

それではさっそく羽海野チカさんの顔写真や、年齢、結婚してるかの情報についても調べていきます。

ペンネーム:羽海野チカ(うみの ちか)

本名:土屋 広美(つちや ひろみ)←噂

性別:女性

生年月日:1966年8月30日

出身地;東京都足立区出身

学歴:東京都立工芸高等学校デザイン科卒業

 

羽海野チカさんのプロフィールを調査してみましたが、色々と驚くことだらけです。

顔写真はネットに上がっているものはこちらの画像のみでした。

 

まず本名ですが、調べてみると、土屋広美という噂が出てきましたが、本当かどうかの判断は難しいところです。少なくとも羽海野チカが本名ということはないようです。

また年齢はなんと50歳を迎えるほどということで、1995年から漫画家としての活動を開始したことも考えると相当なベテラン作家で年齢も納得です。

これだけの長い期間漫画家として活躍し続け、しかも現在にいたっても3月のライオンのようなヒット作を作りだすなんて本当に尊敬します。

 

学歴は東京都立工芸高等学校のデザイン科を卒業したそうです。もともと小学生のときからキャラクターのデザインや、漫画家になりたいとうい希望を持っていたようで、その夢をしっかり叶えています。

卒業後すぐに漫画家になったわけではなく、いっときはあのサンリオに勤めていたこともあるそうで、その後同人活動を経て漫画家デビューをしています。

 

羽海野チカというペンネームの由来は自身の作品である『海の近くの遊園地』が由来しているそうです。

猫好きとしても有名で著者近影やイラストでもたびたびかわいい猫が登場するのが印象的ですよね。

 

今までの受賞歴はこちら

講談社漫画賞 (第27回, 少女部門)〔2003年〕 「ハチミツとクローバー」

このマンガがすごい! (オンナ編・1位)〔2005年〕 「ハチミツとクローバー」

このマンガがすごい! (オンナ編・1位)〔2006年〕 「ハチミツとクローバー」

ブクログ大賞 (第1回, マンガ部門・大賞)〔2010年〕 「3月のライオン」

マンガ大賞 (第4回, 大賞)〔2011年〕 「3月のライオン」

講談社漫画賞 (第35回, 一般部門)〔2011年〕 「3月のライオン」

手塚治虫文化賞 (第18回, マンガ大賞)〔2014年〕 「3月のライオン」

 

羽海野チカの年収はどれくらい?

やはり気になるのは羽海野チカさんの年収ですよね。

漫画家の年収は非常に不安定ですので、一概に言い切れるものではありませんが、ざっくりと計算していきます。

漫画の収入の多くは印税や原稿料によるものです。

今回は印税から年収を予測してみます。

 

本の印税=本の定価×発行部数×印税率

 

印税の計算は上記のようになっており、一定率というのは漫画家の実力やキャリアによって大きく変わるそうです。

スタートは5%、人気が出ると10%くらいになるとのことです。

羽海野チカさんは当然人気作家なので、仮に10%として計算してみます。

 

羽海野チカさんの漫画作品の発行部数は

少し前のデータですが、ハチミツとクローバーは、公称発行部数が最終巻時点で780万部なので、仮に800万部としましょう。

3月のライオンも少し前のデータですが、すでに200万部を超えているようです。

合わせて1000万部です!

 

マンガの単価は約420円、印税率は10%で先ほどの計算式に当てはめると

1000万×420×10%=4億2000万円です!

 

これだけでも大変な金額なのに、羽海野チカさんはほかの短編集やほかの作品も出していますし、アニメ『東のエデン』などではキャラクターのイラストまで作っています。

きっと年収はとんでもないことになっているでしょう。

 

仮に先ほどの4億2000万円を羽海野チカさんが活動開始した1995年から現在、つまり22年で平均してみると、平均年収が1900万円を超えています。

漫画家って本当に夢のある職業のひとつと言えますね。

 

咲坂伊緒の本名や顔写真や年齢は?年収や印税を調査してみたらやばい!

いくえみ綾の年収や本名がやばい!顔写真の画像や結婚はしてる?

高野苺の現在は?本名や顔写真は年収がすごい!病気や炎上の真相

椎名軽穂の本名や年齢と顔写真!年収がやば過ぎでいとこは乃木坂46

 

まとめ

今回は人気漫画家の羽海野チカさんの顔写真や年収、本名、結婚の噂など細かい部分まで調査していきましたがいかがでしたでしょうか。

あまり世間への露出も多くないため、謎が多かったです。本名や結婚については詳しくはわからないままですし、顔写真も古いものだけなので、現在のことは不明です。

もし今後、本名や顔写真、結婚の噂などがあったら随時更新していきたいと思います。