山田尚子監督といえば、
アニメーション制作会社京都アニメーション(京アニ)に
所属している大注目のアニメ監督です。

 

アニメ『けいおん』の演出に抜擢されたことで
一気に知名度を上げ、その後『たまこまーけっと』
『『聲の形』など多岐にわたる活躍で
日本で大きく評価されている監督です。

 

その高い実力から京アニの天才と言われています。

 

そんな山田尚子監督ですが、作品の経歴は知っていても
本人についてはまだまだ知らない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、山田尚子監督の出身や経歴、さらには年収まで
検証して深堀りしていこうと思います。

 

山田監督の作品はなぜここまでの人に愛されるのか、
人気の理由や海外の反応にも触れていきます!

Sponsored Links

山田尚子監督のプロフィール!

山田監督のプロフィールをまとめてみました。

yamada001

生年月日: 1984年11月28日
職業:アニメーション監督、演出家
出身:京都府生まれ→群馬県育ち
趣味:音楽
学歴:京都造形芸術大学美術造形学科洋画コース卒

 

京アニだけに京都出身です!

この記事を書いている2016年現在で32歳
ルックスも非常にかわいいですね!
全然アラサーに見えないです!

 

山田尚子監督の作品と受賞の経歴はこちら

作品の一部をご紹介

けいおん!

yamada003

聾の形

yamada002

たまこまーけっと

yamada004

 

受賞歴はこちら

第35回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞
第18回 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞
第9回、第10回 東京アニメアワード テレビ部門優秀作品賞
第15回 アニメーション神戸 テレビ部門作品賞
第17回 アニメーション神戸 劇場部門作品賞

まだ若いのにこれだけの受賞歴を持っているなんて改めてすごいですね!

 

山田作品の人気の理由と海外の評価!

大人気作品を多数世に送り出している山田尚子監督の
魅力は一体どんなところなのでしょうか!

その人気の理由を探っていきます!

 

作風や作品の特徴

山田尚子監督の作品の特徴といえば、
何気ない日常の中で描かれる心情の描写ではないでしょうか!

 

とても繊細に描かれていて、キャラクターの気持ちを
言葉だけでなく、微妙なしぐさや行動で表現する演出は
非常に高い評価を得ています!

 

ドラマや映画は役者が演じる部分を
アニメーションで表現するなんてすごいですよね!
よほど、人間というものを観察研究していることがうかがえます!

 

なんでも山田尚子監督は人間観察をよくしているということで、
人と人が接しているときにどんな風にコミュニケーションをとるのか、
人が行動する際の行動はどのようなものなのかを
よく観察しているということです!

 

特に、山田監督が描くことが多い、10代の高校生など、
思春期や青春を迎えている男女の行動はとくに意識しているのだとか!

こういう細かいところに人気の理由が隠されているのですね!

 

各界の著名人からのコメント

多数の賞を受賞するたびに、
いつも著名人から高い評価やコメントを得ています。
その一部をまとめてみました。

まず同業であるアニメーション映画監督の
新海誠監督は、『映画 聲の形』を非常に高く評価しており

「上品で端正な演出は、真似したくてもとても真似られそうもない」

とコメントを残しています。

またアニメで主演の声優を務めた入野自由さんは

「役者の想像力を豊かに使ってくれる。僕らのことを信用してくれるディレクションが多かったので力を発揮できた。」

と作品を振り返っています。

 

海外からの評価は

山田尚子監督の作品の海外の反応を調べてみました!

 

まだまだ山田尚子監督個人の海外の反応はそこまで大きくないものの、
京アニというものの評価は涼宮ハルヒの憂鬱などから
高い評価を得ているようです!

 

京アニを代表する監督として、これから世界に羽ばたいていくのも
時間の問題でしょう!

 

山田尚子監督の気になる年収は!

アニメ業界は労働時間が圧倒的に長いうえに年収が安くて有名です。
僕個人の意見としては、過酷な労働環境トップ5に入るくらいの
業界なのではないでしょうか!

アニメに携わる人はもはや年収とかを対価に働いているのではないのでしょうね!

 

まず一般のクリエイティブ職の給料を見てみました。

基本給:150,000円
時間外手当:30,000円
通勤手当:20,000円

計200,000円+賞与だそうです。

やりがいのある仕事ではありますが、
なかなかタフな仕事です。
それでも目指す人の多い日本のアニメ業界はは
海外の反応も大きいのだとか!

 

これだけ多くの作品で受賞している経歴をお持ちの
山田尚子監督なので、さぞ給料も高いのではないかと思われそうですが、
僕の予想ではそこまで高くないのではないかと思います。

 

なぜなら山田監督は経歴はすごくても、
京都アニメーション所属の会社員だからです。

 

業種別の平均年収は以下のようになっているそうです

仕上げ:194万円
原画:281万円
キャラデザ:510万円
背景美術:240万円。
作画監督:563万円。
監督:648万円

 

アニメーター出身の山田監督は
勤続10年で監督はやっているので、
平均額より少し上くらいの

700万円くらいと勝手に予想します。

 

まとめ

今回はアニメ監督の山田尚子さんについてまとめてみましたが
いかがでしたでしょうか。

出身や経歴、年収についても検証してみましたが、
改めて人気の理由がわかりました。

海外の反応もこれからどんどん上がっていくこと間違いなしです。

これからもたくさんの作品を世に送り出してくれることを期待します!